人気ブログランキング |
<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 29日
終盤の矢田川
0928

兵庫の矢田川は小さな川なのですが、昔から鮎の溯上量が多く本当なら、この落鮎時期
毛鉤で釣れてもいいのですが、網が入っちゃうんですね・・・これは地元の方が昔から楽しみにされている
ことなので、仕方ないのでしょうが、、、こんな小さな川で船までだして獲っちゃうのは、溯上量が減った今日いかがな
ものかな..........と思う、いち つり人です。

そんなことでポイントが少なく、いつもの弁天渕はダメでクルマでうろうろ、大谷橋の橋の下で跳ねがみられ
ここでやってみることに。

水深は50~1mくらい、ダメ元で竿を出すと、ここで釣れたんです!
大野で釣られていたHさんも来られ、喰い込みが浅くバラシも多いのですが、アタリはでます。

最後にHさんに勝てました。
ゆうのも毛鉤の違いです Hさんはシーズン通して「まゆみ」と「黒竜」どちらも四宮針で釣られます。
やはりこのシーズンのアユは毛鉤をはっきり選びだすのですねぇ!!神通川で釣れた「剱」で釣れます。
オリジナルの「月影」にも喰ってきます。どちらもピンク系のハリにアタリがでます。
d0155141_17351613.jpg

最後に良い釣りができました。
6時から10時半まで15~21cmまで約20尾

by yuhi43 | 2013-09-29 17:41 | 釣記
2013年 09月 25日
富山観光+ちょっと釣り
9月21からの三連休を使って富山に行ってました。今回は嫁と同行、観光かねてになりました。


0921
お昼を金沢・近江町市場で海鮮丼を食べ、富山へ移動
d0155141_196455.jpg


神通川はダム放水が止まっていないのか水量は多い…どこに入ろうか迷ったあげく、滑走路前右岸に
5時頃からアタリがでだし釣れるには釣れますが、型が小さい、、、釣れたアユは手のひらに隠れてしまいます。
d0155141_1994922.jpg

大きいのでも13〜14cmくらいか?20尾以上は釣れましたが、リリースしました。



0922 宿から見た朝焼けの「立山連峰」
d0155141_1964735.jpg

今日はトロッコ列車で「黒部峡谷」へ
d0155141_19122237.jpg
d0155141_19130100.jpg

富山に戻ったのが15時半。これからが釣りタイム
成子・桜並木に降りると、地元のNさんと、前にもお世話になったMさんが竿を出されている。
お久しぶりです、どうですか釣れます?と聞くと

「今 1尾釣れたよ!朝は15尾ほど」だそうで

川を見ると流れは急だが、8号のオモリでカバー出来るそうです。アユも顔を見せている。
ご一緒させて下さいと、間に入れて頂いて、昨日当たったハリから攻めてみることに

9月の後半から落鮎に釣れる「劔」(石井さんのコピー)を付けるとアタリます!が、バラしの連続、、、
NさんMさんにアドバイスを頂いて、天秤を替えたり、早めに引き抜いたり、針先もチェックしましたがダメで
アタリがあるのにバラしで、本当なら30位は釣れてたかもですが、12尾でした。

宿に帰り使った毛鉤を見ると、先玉がやや大きく、針先よりに付けていたんですね…このハリはバレるはずだ!

以前、石井さんと「毛鉤巻き」の話しになった時に、先玉は針先より(アールの先端より針先より)
に付けるとバレやすくなるから注意しなさいよ と教わったのを思いだしました!!



0923
朝から昨日と同じ桜並木に、Nさんもすでに竿を出されています。
昨日のことも踏まえ、今日は先玉無しの「劔」でやるとバレません。
やはりそうなんです、アタリがあるのにバレやすい毛鉤は、先玉やトメの位置に注意です。
d0155141_1964871.jpg

d0155141_1965091.jpg


昨日の夕方より跳ねは少なく状況は悪かったですが6時前から8時まで 18尾(15〜20cm)
いい釣りになりました。


帰りは「五箇山・合掌集落」により帰路につきました。
d0155141_19135768.jpg
d0155141_19142741.jpg


by yuhi43 | 2013-09-25 06:28 | 釣記
2013年 09月 15日
やっと
0914

矢田川に行ってきました。

関西では3週連続で週末に雨に見まわれ、釣りに行けず1ヶ月ぶりの鮎釣り。
Hさんから椿渕に(鮎が)下がってきてるよ!と電話をもらっていたので、椿渕に直行
d0155141_8552485.jpg
兵庫・但馬でも集中豪雨があり、大水が出て底石は綺麗に洗われピカピカで、水も透明度があり透き透き、ここが下流域とは・・・
d0155141_8535279.jpg
これだけ水がキレイだとアユからも見えてるのか、跳ねはあるのに中々毛鉤に反応してくれませんね・・・

それでも、毛鉤を換えたりオモリを軽くしたり、色々やっているときました!水面近くで喰ってきました。
ハリ掛かりしてくれよ、と祈りながらテンションをかけ竿を止めていると、何とかハリに掛かり、
ゆっくり引き寄せるが、はじめは引きが弱いんですねぇ「おいおいアユかぁ」10mの竿を3本ほど仕舞ったあたりから、ここからです
アユ独特の強い引きがはじまり、こうゆう時にいつも「竿をたてて!」と静岡のK会長に声を掛けて頂いたことを思い出します。
9月のアユちゃんの元気イッパイの引きに堪能です!
d0155141_9543976.jpg

釣果は「つ抜け」せず7尾でしたが、ひと月ぶりのアユの引きに満足しました。
d0155141_9545858.jpg


アタリは、水面近くで喰ってきました。(底から、ゆらゆらする毛鉤を追ってくる感じですかね?)
毛鉤は・・・難しかったです! 7尾を4種類の毛鉤で釣りました。自作で「栄光暗烏」1尾、あとの毛鉤はオリジナルで
青ライオン系と赤熊系のハリ、で共通するのは、全て金針で巻いた毛鉤でした。

by yuhi43 | 2013-09-15 10:10 | 釣記