人気ブログランキング |
<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 25日
富山釣行 2
0623

昨夜は宿でぐっすり。朝4時半に起床。
今日は天気はよさそう立山連峰も顔を見せています。


5時に昨日と同じ場所に入りましたが、
昨日のようにあまりアユも跳ねていない
水温が低いせいか、7時頃まで粘りましたが「つ抜け」せず場所移動。


濁りも取れてきたし、川に立ち込んで釣ろうと、空港前 右岸の広場所へ
ここもあまり釣れないのか、ワタシを入れ3人。約100m間隔で釣っています 笑。


ここでも苦戦し場所を移動しながらの釣り
d0155141_18270100.jpg
50mほどシモに下がったポイントで釣れだしました。
アユは小さいのが多いですが、アタリは結構あります。


d0155141_18273883.jpg
8時頃から岸よりの浅いところで(小さいのが)凄い跳ねです。
そこに毛鉤を落としても中々釣れません…軽いオモリで攻めれば何とかなりそうなんですが
神通仕様で矢田川で使うオモリ(3〜4号)を置いてきてしまったのが悔やまれる。。


11時頃まで小型中心30〜40尾くらいでしょうか、終了しました。

毛鉤は、自作鉤
「月影」「興浅」(オリジナル)「銀花山パープル底」


今年も例年並にアユはいるので神通川での釣り大会が楽しみです!
初参加させていただくつもりです。

by yuhi43 | 2013-06-25 06:49 | 釣記
2013年 06月 24日
富山釣行 1
0622
2013 富山・神通川の解禁に行ってきました。


天気予報やネットで神通川のLIVE映像を確認、濁りはあるものの富山はそんなに
降っていないのか水位は少し高いが、これなら釣りになると荷物を積込みました。


北陸道の富山I.Cの手前、呉羽PAで仮眠していると、ポツリポツリきました。雨です…。


それも小雨程度じゃなく本降りに…スマホで天気予報を見ると、土曜の未明から雨予報に
昨日と予報が変わっています。


明方には雨も止み(小雨程度に)朝5時にいつものコンビニで年券(毛鉤釣りは3600円)を買い


成子橋の上を覗くと、やはり相当濁りが入っています。
「まぁまぁ」 水位も高いが場所を選べば釣りになるかな?


桜並木で数人のドブ師がすでに竿を上下させているのが見える。
ここと、塩のポイントは水が出ればアユが溜まる良ポイントで知られているので
釣り人も多くなるはず、ましてや解禁日、他を探すことに


三年前くらいか?地元ドブ師に案内して頂いた新保大橋の上のポイントここは砂地で
ここも水位が上がばアユが溜まる場所なので覗いてみることに
釣り人ゼロ、川を見ると岸よりで(小型の)アユが跳ねている

「よしよし一人でのんびり釣るか」  と川へ


やはり流れの緩い場所へ避難しているのか小型中心ながら釣れます。
2mくらいの深場では17cmのも混ざりました。
d0155141_1974533.jpgd0155141_1974713.jpg

ダブルも何度かあり、枝バリに使っていた「村雨」(梅さん推薦のユメヤさんのハリ)によく当たりがでました。


また雨が降りだし、10時頃には豪雨となり40〜50尾くらいは釣れたでしょうか終了しました。




午後からも富山に大雨警報がでたり、雨が降り、水温も下がっていたのか午後も同じ場所に入りましたが
17時半頃から当たりが止まり19時までねばりましたが約20〜30尾で終了。
d0155141_1974817.jpgd0155141_1975078.jpg



毛鉤は、全て自作鉤(ビーズヘッド+フロロ)枝バリのハリスはホンテロン使用

「村雨」(ユメヤさんのコピー)
「月影」(オリジナル)やはりこの鉤は神通川の濁り+濁り明けに効きます。
「銀花山」「紫音」「赤熊中銀」「まゆみ」などなど…どんな毛鉤にも反応はありました。

by yuhi43 | 2013-06-24 12:33 | 釣記
2013年 06月 18日
談笑 つり
0616 矢田川

昨日は車中泊し、4時頃に起きて今日は一度、下流域のドブ釣りポイント
「椿渕」 を覗いてみることに
ポイントを見ると釣師はおられず「ハネ」もないので、移動。


やはり、いつもの「弁天」かな…。
駐車スペースに着くとすでにクルマが3台。皆さんお早いです。


川を渡り、お馴染みの皆さんにご挨拶


Hさんが
「昨日(朝)来ると思って待ってたんだよ」

聞くと、昨日の朝は小雨の中よかったみたいで「入れ喰い」タイムもあったようです。


今日は朝からむし暑く、雨の影響もなく濁りもなし、ただ藻が流れてくるのが厄介です。


まずは「銀花山」(黄角)でようすをみ、解禁から釣れる「紫音」(青角)はボチボチで
昨日よかった「赤熊中銀」(赤角)に替えると、釣れます!下げる時にもアタリが出ます。


「寝坊したー」 とYさんも来られ
「今日はメンバーそろったなー」 とHさん
d0155141_1850235.jpg
顔馴染みの6名で、冗談も飛び交います。

バンバン釣られるHさんを見て

「この渕のアユは皆、Hの名札さげてるんじゃないの」 一同爆笑

談笑しながらのドブ釣り、楽しいですね!


今日は「赤熊中銀」でよく当たります。Yさんが(毛鉤)何付けとる?と聞いてこられ説明すると

Yさんが毛鉤を替えられ、そのハリでよく釣っておられました。
聞くとユメヤさんのハリで赤熊系のハリ、Yさんにもユメヤさんにも了承していませんので
名前は公表しませんが、よく当ってました。


Yさんにドブ釣りは、
「一に場所」 「二にウデ」 「 三に毛鉤」 ですかねー? と訊ねると


ボクは「二に毛鉤」だと思うよ!


「ボクは下手だからね」とご謙遜され

「またまた〜」と笑いました。

でも確かに、矢田川の名人Hさんは毛鉤を替えずシーズン通して四宮さんの「黒竜」荒巻・小巻で通される。
見事にその一本の毛鉤で誰よりも多く釣られます。

そんな中、シーズンに一回あるかないかワタシの方が多く釣る時があります。
やはりそれは、「毛鉤」なんです。
どんなに、凄ウデの誘い方をされるHさんでも「黒竜」に喰いつかないことがあるんです。

だから毛鉤釣りは、時には「二に毛鉤」とゆうこともある釣りなんですよね。

5時から9時半頃まで、
12〜17cm 約30尾
全て自作「赤熊中銀」(よく当るので後半は毛鉤ケースに仕舞いました)
「月影」(8時頃から釣れました) 「川崎」(ユメヤさんのコピー)
d0155141_18505195.jpg

帰り際に、HさんやTさんが神通川でどれだけ釣られるか見たいので
矢田川のドブ師(このメンバー)で、富山遠征どうですか?と提案させて頂きました。笑

by yuhi43 | 2013-06-18 05:54 | 釣記
2013年 06月 17日
今年の矢田川のアタリバリは?
0615

夕釣りに矢田川に行ってきました。

午前中にお湿り程度に雨が降ったそうですが、水量に変化はなく
まだまだ渇水の矢田川です。


16時半にいつもの弁天渕に着き、川を見ると、釣れないのか?誰もおられない…


まぁゼロとゆうことはないかなーと、準備をし、竿を出すと、すぐに
今シーズン好調の「銀花山」にきました。


釣場はワタシ一人貸切りなので、今日は試作鉤をいろいろ試すことに、


どんな毛鉤でも鮎の反応はあるようですが、やはり今年は流れのない渕には
赤帯や、赤底、銀系の毛鉤によく反応がみられるようです。
角はあまり選らんでないように思います、よりもトメの色に反応してるかも?です。
浅瀬ではグリーンラメも効くようですし、今年の矢田川はアユはいるので
毛鉤で釣れますし、水が出ればトモ釣りも良いでしょう。


19時頃まで 約20尾
毛鉤は全て自作で、ビーズヘッド 「銀花山」(ユメヤさんのコピー) 「月影」(オリジナル)
「赤熊中銀」(魚石バリに似せたハリ)


着替えをしていると、Tさんが来られ、もう少し上流で釣っておられたらしくクーラーを見せていただくと
18〜19cmの立派なアユが数尾 さすがですね!
「今日は泊まり?疲れ出さないようにね」とお気遣い頂き帰られました。

上流にも良いドブ釣りポイントがあるようですが、明日から網が入るみたいで竿釣りは無理でしょう。
でも網で取りきれないでしょうから、いつか狙ってみます!

d0155141_1944519.jpgd0155141_1944664.jpg

by yuhi43 | 2013-06-17 12:17 | 釣記
2013年 06月 09日
雨待ち
0608 矢田川

解禁から一週間、渇水で少し釣り荒れ気味の矢田川です。
朝4時半頃に、弁天渕に到着。皆さんお早いですね、すでに6人のドブ師が竿を出されています。
ご挨拶をし、最近の状況を聞くと、そこそこ釣れてるよ。とのこと
d0155141_1713829.jpg


5時頃から釣れだすものの、解禁のようにはいかない様子だ…
気温も上がらずフリースを着ていても風が冷たい…

7時頃にはアタリが減り、今日はあまりアユが動いてない様です。
雨不足で、川全体のアユも動いてないんでしょう、どこの渕も釣り荒れ傾向です。
d0155141_173231.jpg
昨年みたいな事はないので、一雨降れば状況も変わるでしょう。
d0155141_1733720.jpg

午前中 20~30尾 (17〜12cm)
毛鉤は、「銀花山」 「紫音」など

by yuhi43 | 2013-06-09 16:24 | 釣記
2013年 06月 04日
2013 天秤 ・ 毛鉤
〈毛鉤〉
東京鮎毛バリ釣り研究会さんのコラムにもあるように

「沈みのいい毛鉤が良く釣れる」

と報告があったり、金玉に鉛を付けたり、釣り人個々が研究し試作をされているとのこと…
たしかに毛鉤が速く沈み“ハリ踊り”があれば、より鮎にアピールすることができるんじゃないかと思われます。

ワタシも今年巻いた毛鉤を、重いビーズを使いより速く沈むようにハリスを細く0.4号のフロロにしてみました。
フロロなのでホンテロンより張りはありませんが、細いのでハリ踊りはするかな…?と思います。
解禁の矢田川で試しましたが、良い感触を得ました。
(解禁なのでどんな毛鉤でもよかったかも?ですがね…笑)
d0155141_1972415.jpg
矢田川の解禁当った毛鉤 「紫音」  (ビーズ+フロロ)
紫ラメを使っているので、紫音(しおん)としました。


〈天秤〉
去年まで主に使っていた、北陸の天秤から、今年はこれを使ってみようと思います。
d0155141_197261.jpg
金属製で毛鉤のセットはハリス止め+ウキ止め

この天秤も解禁に使用しましたが、アタリが取りやすいと感じました。
軽めのオモリ3〜4号と、この天秤の組合せは繊細なアタリも取りやすいように思います。

この天秤は矢田川のあるドブ師の手作りの物ですが、製作者は残念ながら他界されているので在庫分だけです。
興味のある方はユメヤさんがお持ちですので、お問い合わせ下さい。

ユメヤ ☎0795 76 0251

by yuhi43 | 2013-06-04 16:34 | 道具
2013年 06月 02日
2013 矢田川 解禁
0601

今年は1日が土曜日とゆうこともあって何年ぶりでしょう、解禁日の当日に来れました。
d0155141_13104385.jpg
大野橋下のポイント↑

例年、矢田川は解禁当初、陽が昇らないと釣れないので
d0155141_13115158.jpg
6時半に弁天渕に到着。(少し渇水気味)
d0155141_1313423.jpg
毛鉤を天秤にセットし、約半年ぶりに鮎釣り。
今年もワタシの自信バリ「銀花山」ですぐにきました!コツコツとゆうアタリ 「 う? 」 竿を静止させると、
目印の発泡ウキが廻りだし、少〜し竿を立ててやるとアユが底に引き込む 「よしよし」
久々のアユとのやりとりを楽しみ、タモへ収めました。

今年は雪も少なく、早くから水温も上がっていたこともありアユの成長も良く
解禁から17〜18cmのも混じり釣れました。

関電のダムの放水があり水量が増え10時でアタリが止まり終了。40〜50尾
毛鉤は選ばない感じです。
d0155141_17202857.jpg

使用毛鉤は全て自作バリで、「紫乃」「清水中銀」「赤熊中銀」など…
特に「銀花山」と試作のハリ「あじさい」を参考に巻いた毛鉤(名前を考えないと)がよかったです。
赤・銀系が良かったように思います。
d0155141_13181525.jpg


午後は、14時〜17時で場所を移動しながら、約20尾で終了しました。


今年の遡上は例年並で釣人も多く皆さんよく釣っておられました。
(去年みたいな不漁年にはならないでしょう。)
d0155141_1320389.jpg
由良橋下流↑

5月に解禁された関東周辺の川も、香魚さん梅さんのブログでも良い釣果が報告されていたり
高知の物部川も毛鉤で釣れているとのこと、あとは北陸・東北待ちですね。

由良橋上流↓
d0155141_13212780.jpg
今年も、良い釣り・良い出会い ができればです。

by yuhi43 | 2013-06-02 08:45 | 釣記