人気ブログランキング |
<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 31日
落ち鮎つり
1027

21日に再解禁になった神通川に、落ち鮎つりに行ってきました。

毎年、落ち鮎が溜まる有沢橋下のポイントに入ることに
橋の下まで行くとDさんが竿を出されておられ、どうですか? と尋ねると
21日の再解禁はよくなかったそうだが、徐々に(鮎も)落ちてきて昨日は50尾釣られたそうで
浅瀬で鮎がバシャバシャやっているのが見える。

上手から1m間隔で4人おられその一番下流側に入ることに、水深のある1.5mくらいの所は
アタリがでず、上手の50〜1mの流れにいるみたいで、そこに毛鉤を落とすと、何らかの反応がある。
上手で釣っておられる3人は釣れていますが、ほとんどがスレ掛かりのよう…。

何度かのアタリを逃し、ようやく1尾釣り上げ、だいたいの毛鉤を喰ってくるポイントも分かり
3〜4尾釣れたところ、下手から入られた方に竿をかぶせてこられ、思うように釣れません…
これも富山のドブ釣りです。
ただ鮎が掛かり取り込みに入っても譲って頂けないので、強引に引き寄せないといけないのは
ドブ釣りの面白みを半減させます。
d0155141_214417.jpg

Dさんも嫌気がさしたのか、早々に上がられ「ここで釣り」と場所を空けて頂きましたが、
釣れれば、そのポイントに入れようと、かぶせてこられます

「逆にそんなに釣りたいかなぁ」と笑けてきました。
d0155141_2051851.jpg


それも富山のドブ釣りと受け入れ、ワタシも下手の方にどうぞと、場所を譲り、
釣れなかくとも、自分の「鮎つり」ドブ釣りをしようと、場所移動することに。


河原沿いにクルマをゆっくり走らせ、流れのゆるやかな渕を覗くと、
少し上流に竿が上・下しているのが見える。



そのポイントまで歩いていくと10人くらいのドブ師のすがたが、皆さん川に入らず
岸から2mくらい間隔を空け、のんびり釣っておられます。
d0155141_20511165.jpg


見ると、跳ねもあり落ち鮎の群が見えます。

入る場所があるかな〜と、跳ねは少ないですが、一番上流に入れそうなので、ウェーダーを履かず
「ここいいですか?」とご挨拶をし、3mくらい空け自分のドブ釣りをすることに、

するときました!微妙なアタリ・・・ん?
(毛鉤を)噛んでるな?よしよし噛め、よしアタれ!
その時けしてあわせをいれない、少〜し竿先を上げてやると、鮎が反転するのが見え、よし!
毛鉤を喰わえ底に引き込む!このやりとりがたまりません!ドブ釣りの魅力でしょう。

静かにゆっくりバラさないように、竿をたたみ、水面が見えると鮎はまた力を入れ直し
左へ右へ底へ「鮎とつり人との一対一のやりとり」これは、友釣りでは味わえませんね、
ドブ釣りの特権ですかね?(笑)

8時半頃から11時半頃まで30以上は釣れたでしょうか、大満足でお昼休みとしました。



14時頃から同じポイントに入りましたがスゴイですね、鮎の跳ねには驚かされます!


でも、これだけいるのに中々毛鉤に喰いついてくれません。
17時頃までやりましたが、14〜15尾でしょうか釣れました。


毛鉤は、全て自作で「つるぎ」「赤熊中銀」どちらも魚石針のコピー
「彼岸花」「銀花山9」すこしアレンジを加えた毛鉤。

今年、コンスタントに釣れた「月影」はダメで初期しかアタらなかった「銀花山9」が当たったのが驚きでした
(黄角で釣れたのはこのハリだけでした。)



翌日は、
雨予報でしたが朝起きると雨は降っておらず、ただ風が強く台風並みの強風で、これでは竿をだせません。
土産なんかを買いながら10時頃まで待ちましたが風はおさまらず、帰路につきました。
d0155141_20511379.jpg

帰り、信号待ちでパシャリ 立山連峰も雪化粧です。

by yuhi43 | 2012-10-31 07:11 | 釣記
2012年 10月 16日
福井 ゴハン + 地酒
「黒竜」といえば、ドブ釣師であれば定番の毛鉤で有名ですが、福井には、銘酒の「黒龍」があります。


黒龍酒造は、九頭竜川のすぐ近くにあり、お昼休憩に、おじゃましました。
d0155141_19335331.jpg

黒龍 純米吟醸 を買って帰りました。
d0155141_1933558.jpg
少し甘めで、引っかかりがなく、す〜と入る感じです。

早速、九頭竜川で釣った子持ち鮎の塩焼きといただきましたが、合いますね最高です!

やはり、鮎の塩焼きは、日本酒と合わすのがベストのようです。




お昼ゴハンは、福井名物 「ソースかつ丼」 美味しそうでしょう?
d0155141_193357100.jpg
「はい、まちがいございません」




ラーメン食べて帰りました。
d0155141_19335848.jpg
北陸の定番のラーメン屋さんといえば、「8番らーめん」でしょうね。

たっぷり野菜が入っているので、麺まで中々たどりつきません 麺も太麺なのでお腹いっぱいになるんですこのラーメン。
ここの味噌ラーメンがお気に入りです。

by yuhi43 | 2012-10-16 16:32 |
2012年 10月 14日
九頭竜川(福井)
1013
前から気になっていた川、福井の九頭竜川へ初めて行ってきました。

北陸道・福井北インターを出て6時前に九頭竜川に到着。
初めての川なのでポイントはまったく分からず、釣り具屋さんで日券(3000円)を買い聞いてみると、
友釣りでは釣れなくなるこの時期(落ち鮎期)は、コロガシ釣りの方がほとんどで、
毛鉤 ドブ釣りをされる人はいないそうです。

「毛鉤で釣れるの」 と逆に聞かれる始末・・・


昭和62年発行の 竹下苔石氏著 別冊つり情報 「鮎のドブ釣り」 が役立ちました。
25年も前の本です。
d0155141_21373924.jpg
全国河川のドブ釣りポイントの中に九頭竜川もあり、この本に書かれているポイント「五松橋」に行ってみました。
橋の上から眺めると、つり人ゼロ。
d0155141_21484769.jpg
橋の下で鮎の跳ねが見られ、足場もいいのでここで竿を出してみることに


膝した位の浅瀬で跳ねているので、そこに毛鉤を落としても反応なし、コロガシでイジメられているのか
人影や鉛(オモリ)を見ると鮎が怖がって散るんでしょうか、跳ねもなくなります。


水面に映らないように岸から離れ水深1~1.5mくらいのポイントに毛鉤を落とすとアタリました!
が、うまくハリ掛かりせずバラし、ゆっくり慎重に誘ってやると、きました!


モゾモゾとゆう鮎のアタリ、よし引き込め、引き込めと、竿を静止させ鮎の引きに備えて待っているが中々
引っ張ってくれない、やっと毛鉤が鮎の口に掛かり底に引っ張ってゆく、根掛かりしたかと思うくらい
底にじっとしている、竿をたたみ初の九頭竜鮎とのやりとり、これがたまりません!
岸まで近寄せると、おおデカイ!いい型です、バラさないように竿をたてて鮎に空気を吸わせ、おとなしくさせタモに
d0155141_21471860.jpg
今年初めてでしょう20cmオーバー

それから10時にアタリがなくなり、他のポイントも気になっていたので場所移動。
五松橋から4~500m下流に九頭竜川伝統の「さぎり漁」をされている。
d0155141_2152588.jpg

左岸から右岸まで縄をはり産卵の為下ってくる鮎を一ヶ所に集め一網打尽に摂る伝統漁。
縄と縄の間隔が空いているので「ヤナ漁」よりは少しはましですかね。

その、さぎり漁をされている方(おっちゃん)に話しを伺うと、今年は鮎が落ちるのが10日ほど遅れているそうで、
「いつもやったらそこら中でバシャバシャはじかんとダメやのにな」

「鮎の跳ね」の言い方は地方で違うんですね、福井では跳ねのことを「はじく」と言うみたいです。


「友釣りか?」

「いえ、毛鉤です」

「ほ~う、石川から来たんか?」

「いいえ、兵庫からです こっちの人は毛鉤はされないんですか?」

「そうやな、石川からは毛鉤釣りの連中は来るけど地元のもんはせんな」



なるほど、石川(金沢)からだと高速で1時間ちょっとで福井まで来れる、ここから富山まで2時間
家から3時間半でクズリュー、いい川を見つけました。

道に迷いながらポイントを捜しましたが、やはり五松橋がベストのようなので13時から入川。
午前中と違い、少し深みのポイントでアタリが出だし、流れのある深みにいるのは引きも強いし、
d0155141_21591244.jpg
ドブ釣りの面白みを味わうことができました!
15時にアタリがなくなり、16時で終了しました。

午前・午後合わせて、20尾(15~24cm)
d0155141_2213995.jpg
d0155141_2221031.jpg

毛鉤は、魚石針の「赤熊中銀」 自作毛鉤の 「つるぎ」「奥多摩」 など赤角の毛鉤が良かったように思います。


九頭竜鮎は毎年30cmの大鮎が釣れるそうで、毛鉤釣り(ドブ釣り)でも楽しめそうです!

来年は、福井(クズリュー)に寄って富山(ジンズー)いいかもです。

by yuhi43 | 2012-10-14 22:11 | 釣記
2012年 10月 11日
秋風
播州も秋祭りが終わり、秋らしくなってきました。


鮎の毛鉤釣りをしている我々、ドブ釣り師は秋といえば「落ち鮎釣り」で
今まで見向きもしなかった毛鉤に鮎が喰いついてくる季節


今年は雨が少ないので落ちてくるのも遅いかもですね・・・

雨が少なくても、多くても、勝手なことを言うのが つり人です。

d0155141_21291147.jpg

by yuhi43 | 2012-10-11 21:13
2012年 10月 08日
シーズン最終
1006

10月10日で禁漁に入る矢田川に行ってきましたが・・・

惨敗でした。

6時前から弁天渕に入川、6時半頃に水深のない流れのあるところで跳ねだし
そのポイントに毛鉤を入れるも、反応してくれない・・・

群で移動していたのか、5分くらいで跳ねもなくなり、釣れるのはウグイとシラハエだけ
8時で見切り、場所移動して、大野橋→大谷橋と行きましたがダメでした。




新聞記事で、矢田川漁協の組合長さんが、今年の矢田川の漁獲量は例年の半分以下という
ことを言われていた通り、ヒドイ年になりました。

放流鮎に頼らず「天然溯上鮎」にこだわった取り組みを期待したいですし、組合員も地元民限定
を無くして頂き、つり人の意見も取り入れて頂きたく思います。


自然のことなので分かりませんが
d0155141_1752090.jpg
今年の鮎がうまく産卵し、来年また多く溯上してくれれば・・・です。

by yuhi43 | 2012-10-08 14:29 | 釣記
2012年 10月 04日
d0155141_2104753.jpg
「丹波栗」 ユメヤさんから戴きました。



週末は、今年最終の矢田川、ダメもとで行ってきます。

一尾でも釣れればいいのですが・・・。

ピンク系の毛鉤で攻めてみます。

by yuhi43 | 2012-10-04 21:11
2012年 10月 02日
d0155141_1953912.jpg
またまた戴きました。

大好物の梨


かじれば、ほとんどが水分で、梨独特の甘み、


果物の中でも一番の好物です!!
(2位は桃)






酒飲みは梨好きが多いとか・・・ほんとかな。

by yuhi43 | 2012-10-02 19:14