人気ブログランキング |
<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年 12月 20日
趣味には金をつかう
男は、好きなコトにお金を使わないで何につかうのか?!


(勝手に)と、ゆうことで小遣いをやりくり、ネットで購入しました。
d0155141_22133627.jpg
羽根・グースの濃い目の赤、ハックルプライヤー、ボビン、スレッド2色


帰ると 「なんかまた届いてるで」 と嫁もあきれ顔です。
タイイング(毛鉤巻き)をしない人には まったく必要ないものですね(笑) 

d0155141_22264899.jpg
上が「セラミック・ボビンホルダー」 これにスレッド(糸)をセットして針に巻きつけていきます。
下が「ハックル・プライヤー」 羽根を挟む道具

d0155141_2235177.jpg
「絹糸」 先巻き用で購入しました。いい感じの光沢です。
d0155141_2240274.jpg
この糸で「八ッ橋五段」を巻きましたが、キジのテールで巻いたため(細くですぎた) 「八ッ橋小巻」になっちゃいました(苦笑)。
おまけにバランスも悪いし。。。

でも、こんな毛鉤でも釣れたりするんですよねぇ!
どんな毛鉤で釣れるのか分からないのが、鮎の毛鉤釣りのおもしろいところです。

d0155141_22511730.jpg
「鮎毛バリ通信」が届きました。
ドブ釣りの情報が少ない中、貴重な書物です。発行感謝申し上げます。

by yuhi43 | 2011-12-20 23:05 | 道具
2011年 12月 13日
孔雀
オフシーズンは毛鉤巻きを


注文していた孔雀の胸毛?とグース(アヒル)の羽根が届きました。
d0155141_21322710.jpg
グースはあとで染めるとして、↓孔雀いい色でしょう
d0155141_213625100.jpg
ワタシの自信バリの 「銀火山9」 を巻いてみました。


銀火山は、この記事にも書いていますが数年前、矢田川でワタシ一人、入れ喰いになった毛鉤で、あとから聞いた話し
その時に見られていた方が、神戸ナンバーの若いこ(若くはないが当時はまだ30代)が大乗寺橋の下で魚篭
からとび出るほど(それは大げさ)めちゃめちゃ釣ったと矢田川で噂が流れたとか(爆)
ユメヤさんからも 「あんたやったんか」 と言われたくらいです(笑) 



d0155141_2281374.jpg
いつも角(ツノ)つけには苦労します。 ←油断すると角がいがんでしまうんですねぇ・・・数十分かかることも(汗)
d0155141_22124862.jpg
黒の底に今回仕入れた孔雀の羽根を巻きつけます ←ユメヤさんのオリジナルとは違うかもです。
d0155141_22153996.jpg
ハリスを着け、ポイント?の中銀、アカラメ底に赤のカモで元巻きをし、ミノ毛を巻きつけ出来上がりです。ハリスは0.4にしました。
ここまで巻くのに、20~30分かかります(苦笑)

今年はどの川でも一度は試しましたが、いまいちの結果でした。。。

来年期待で4~5本巻いてみます!

by yuhi43 | 2011-12-13 22:39 | 道具
2011年 12月 09日
文明国
昨日12/8はジョン・レノンが撃たれた日で、明日が、オーティス・レディングが飛行機事故で・・・明後日が
サム・クックが撃たれ亡くなった日だ。
ワタシの大好きなミュージシャンの命日がつづくなか


今日12月9日は開高健の命日です。


開高さんの書籍は、まだほんのわずかのエッセイしか読んでいないのですが印象としては、
関西風にいうと「おもろいおっさん」です←(愛すべき人という意味)

そんな おもろいおっさんが、23年前に喋ったことがテレビで放送され
鮎釣りを愛するワタシには、グサッ!とつきささりました。




こんなことを語りだす↓

私が、あっちゃこっちゃ釣り歩いて 魚釣りをした経験でいくと 魚釣りはプリミティブの度合いを探求する
一番のいい方法のようなもんなんですがね アマゾンとかあぁいうんは後退する一途!

アラスカとかカナダとか住民が発達していて 民度が「魚を保護する」「大事にする」「自然を守る」という
精神のある 自然の豊かな先進国ほど プリミティブな自然が残されている。

それはプリミティブとは言えない 人間が取らないとか、放してやるとか、保護するとか、ふ化場を設けるとか
色々努力したあげくの それですから

いわゆる第一次プリミティブと言うよりは第二次プリミティブみたいなもんだけれども
インドネシアとかタイランドとかアマゾン これらの国では第一次プリミティブが滅びたとたんにダメになってしまう。

第二次植林しているまもなく 日光に焼けて木がただれてしまう・・・・一種の倒錯現象ですわ。

『文明国であるほど自然があるということだ』




まさにそのとおりだと思う。。。
テレビなんかでヨーロッパの歴史のある国々の風景を見ていると、ど派手で下品な看板やポスターはなく
歴史を重んじ自然を大切にし景観や美観を重視しているのがよくわかる。



この国はどうだろう?
生まれ育った大好きなこの国
戦後、(歴史のない)自由の国アメリカに追いつけ追い越せできた国
たった150年ほど前まで、誰も靴も履いていなかったこの国が
原子力エネルギーなんかを使っている
このエネルギーで出たカスは何万年も毒を放つらしい
棄てる場所に困っているらしい
d0155141_2252495.jpg

シンプルに考えればいい この国を汚すモノ 地球を汚すモノは無くせばいいんです。


文明のスピードにこの国の民度は追いついているのかなぁ

by yuhi43 | 2011-12-09 23:00
2011年 12月 01日
金鶏
金鶏(キンケイ)の尾羽根を購入しました。
d0155141_2127082.jpg
金鶏はキジ系の鳥で尾羽根は山鳥とならび鮎毛鉤にはよく使われています。

胴巻のつめ巻に使われることが多いみたいですが、黒く染めて合わせ巻き用にも使えます。
d0155141_21283658.jpg
センターとサイドの羽根の模様が違います、毛鉤に巻くと、微妙にでかたが違ってくるんでしょうね。


「金鶏桜」を巻いてみました。
d0155141_21423229.jpg
鮎毛バリ大全(澤渡要氏著)の魚石バリ「金鶏桜1号」を参考にして巻きましたが、帯と元巻の部分が本の写真じゃ判断できず
勝手に中金でピンクラメ底のピーコックで巻きました。

どなたか、帯と元巻きをご存知の方がおられれば教えて下さい。

by yuhi43 | 2011-12-01 22:07 | 道具