人気ブログランキング |
<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 10日
2011年 最終矢田川
1007 
10月10日で鮎釣り禁漁に入る矢田川に行ってきました。
d0155141_951243.jpg
15時半頃に着きポイント見て回るも、鮎の跳ねがなく、いやな予感。

水量も落ち着いて、奇麗な水です。
ポイントを見つけられないまま、16時から大谷橋に入り釣りはじめましたが、アタリはなく
釣れるのはウグイばかり・・・暗くなりかけた頃に初めてソレというアタリがあり
慎重に引き寄せタモに収めました。が、その一尾で終了。

1008
夜は矢田川交流センターの広場にテントを張らせてもらいテント箔
気持ちよく寝ていると、警察官が訪問、パトロール中にテントを見つけ何者かと来られた様子

怪しい者が、わざわざ目立つテントで寝てる訳がないのに・・・
「ここら辺は鹿や猪が出るので注意してくださいね」と帰られました。

6時から大谷橋に入る。
釣っている5mほど先の小さい淵で跳ねはじめ、そこに毛鉤を落とし淵を通過させ少し流れ
のあるポイントでアタってきた、ここで2尾連チャンで釣れ2~3度バラシながら今日はいいかなぁと
期待しましたが30分ほどでアタリがなくなり、我慢の釣りに。。。
6時から11時頃まで8尾で終了しました。「黒八ッ橋系」「岡4系」
d0155141_10234219.jpg

d0155141_10241076.jpg
今シーズンの兵庫・矢田川は解禁直前の台風(この台風が痛かった)による大水で、
頑張って溯上してきたばかりの鮎が流されて、結局解禁から不漁が続き、友釣り師から苦情が
でたのか(何せ15000円の年券ですから)、漁協がシーズン中に成魚放流されたとか・・・?
ドブ釣りもきびしいシーズンでしたが、HさんTさんをはじめ、誘い方やポイント選び等
ご指導頂いたりで、それなりに納得いく釣りができました。
有難うございました。


矢田川は水も奇麗で自然も多く残されており、有難いことに天然溯上の多い川なので今年はダメでも来年は期待できます。
無駄な河川工事がないことを祈ります。




人が一歩前進すると

自然が二歩後退する
    開高健

by yuhi43 | 2011-10-10 11:06 | 釣記
2011年 10月 05日
鮎はなぜ毛鉤でつれるのか
この前、NHK BSで面白い番組がやってました。

「シリーズ 釣って、食べて、生きた!開高健」

という番組でカナダでブラックバス釣りをする開高さんが、
ブラックバス釣りについて、こんなことを、語りだします。



『すべての魚すべての生き物にはテリトリー意識がある』

つまりこれは単に 食欲ではなく すべての魚 すべての生き物
あなたにも テリトリー意識 というのがあるわけ
ご家庭とかね ご家庭の中にも自分のテリトリーってのがあるでしょう?

そこに入ってくると それを追い出したくなる心理があるわけですよ

それがないと生き物は繁殖できないし 生きていけないわけなんで

まぁ妙な 「縄張り意識」 は困ったもんなんだけど
必要品 必要悪みたいなもんですわ

このブラック(バス)は特に気が強くて その縄張り意識が激しいんですよ
『鮎』とおんなじ!

そこにポンと妙なものが飛び込んでくるから
こうゆう得手物(擬餌)を蹴散らそうと思って とびついてくる

だから口でかかっているものもあれば ノド(口以外)にかかっているものもあるわけ
体当たり食らわせ 「向こう行け!」と

だから食欲だけで誘ってるわけではない・・・。

開高健






 「鮎はなぜ毛鉤でつれるのか」 をワタシなりに考えてみました。

この話しを聞き、苔しか食わない鮎がなぜ毛鉤で釣れるのか?
毛鉤に食いつくのか?が解るような気がします。

鮎の毛鉤釣り(ドブ釣り)を始めて10年近くなりますが、釣れてくる鮎は口に毛鉤をくわえてはいるものの
毛鉤を飲み込むまではいかないんですよね・・・
鮎がもし虫を喰うなら、川虫やカゲロウで釣れるはずだし、毛鉤でもっともっと釣れてもいいはず!

鮎毛鉤はカタチこそ虫に似せて作られていますが、実際の虫には似ても似つかない色を
使った毛鉤がほとんどで、水生昆虫には存在しないものです。

そんな事からワタシが想像するに、鮎は毛鉤を喰いにくるんじゃなく、自分のテリトリー(陣地)に
入ってきた毛鉤を、うっとうしく感じ、敵だとみて噛みつぶしにきていると思います。

よく海から遡上してすぐ(5~6月頃)の鮎は、稚魚の頃、海でプランクトンを食べて育った食生が
まだ残っており、毛鉤に食いつくと言われますが、そうではなく、鮎は川にのぼるとすぐに
苔を食みはじめき、まだ群れで行動することの多い鮎は、人口(鮎)密度の高い中に
フワフワと漂う気の悪い毛鉤を見つけると噛み付きにくるんだと思われます。

落鮎期に毛鉤を追うのも同じ事が言えるでしょう。
繁殖期に入ると、単独でいた鮎も次第に、集団化し繁殖行動に入ると元々獰猛な鮎は
興奮し(苛立ち)、よりテリトリー意識が高まり毛鉤を見ると噛み潰しにくるるんじゃないかと思います。

鮎が毛鉤で釣れるのは、自分の陣地に入ってくる毛鉤を追っ払い、噛み潰そうと
毛鉤を噛んだ時に、ハリがかりするんだと思います。
なので、バラシも多いし金玉の金箔が剥げることも理解できます。


まぁ実際は 鮎に聞いてみないとわかりませんが・・・

by yuhi43 | 2011-10-05 18:32
2011年 10月 02日
1001 矢田川
先週よかった大谷へ
夜半から冷たい雨が降り、水量は平水に近づいたものの水温は下がっていそう。

ポイントに着くと鮎の跳ねはなく、試しに毛鉤を落とすと、流れのないポイントはアタリがない
流れのあるところに落とすと触ってきた、二流し目でアタリがあり竿をたたむとバレ
2~3回バラしたあとようやく一尾。

それからアタリが遠退き場所移動。
大谷橋へ、しかしここも釣れず場所を変えようかと迷っていると

Hさんが来られ「どう?釣れるか?」
「いや、ダメです」

香住まで用事があって出て来られたみたいで、せっかくやから竿をだしてみるわとHさん、
一時間ほど今年の鮎の事やらを話しながら釣りましたが、アタリなく午前は終了。
d0155141_14102151.jpg

昼寝をし15時半頃からやりましたが、1尾釣れただけでダメでした。
今日はたったの2尾の釣果。
先週は良かったのにコンディションなのか解りませんが難しいですね。

矢田川は10月10日で禁漁になるので来週がラスト。
いい釣りができれば・・・です。

by yuhi43 | 2011-10-02 14:13 | 釣記