<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 26日
大水の後の矢田川
0924(晴れ)
台風が通り大水がでて、ようやく竿がだせるくらいまで戻った矢田川。
d0155141_891452.jpg

それでもまだ30~40cm高で濁りはありますが、毛鉤で釣るには、いい感じな濁り方です。
この時期、増水後、鮎の食べる苔が雨で流されて、濁りがとれかけた頃、毛鉤で鮎を釣る(ドブ釣り)
にはチャンス。

15時頃に着き、シモからカミまで見て回るも、釣り人はゼロ!

「本日貸切り」

鮎の跳ねを見つけ、今年初めて大谷橋に、やはり増水で流れのゆるい場所に鮎はよってそうだ。

8号のオモリで探っていくと、竿に違和感を覚え、ためていると、きました!
う~ん、よく引いてくれるぅ 良型をゲット。
d0155141_20325712.jpg


水面近くまで毛鉤を上げると、お腹をすかせたウグイの攻撃にあい苦戦、せっかくかかった鮎ちゃんは
バラシの連続・・・水量が多く立ち込めないので手元まで引き寄せ、おまけに岸にはブッシュがあるので
最後は引き抜かないといけない・・・タモですくえたら良型5~6尾はビクに入れれたでしょうか。
へら師(へら鮒釣)の使うタモがいります。
15時半頃から18時までリリースを入れ15尾で終了。


0925(晴れ)
テント泊し朝は、いつもの大野に、ここで釣れました!
流れのあるポイントに毛鉤を底まで落とすと、すぐにアタリがあり、すぐに良型と分かる引き
2~3cm違うだけで引きが全然違う!今年一の23cm!慌てて携帯でパシャ
d0155141_2037151.jpg


アタリが遠のき、昨日のポイントへ移動
やはり、ここはよくアタるがウグイとバラシが多い・・・が底で我慢していると良型が釣れる

「いやぁ~オモシロイ」

d0155141_20495285.jpg
帰って数えると、持ち帰りは27尾(20cm級が7尾)でしたが、いい釣りができました!

毛鉤は自作の「黒八橋」系 2本巻いていきましたが2本ともハリス(0.4)を切られました(でっかいウグイかも?) 
特に白ドメのハリがよかったです。
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-26 21:09 | 釣記
2011年 09月 22日
富山でお買い物
関西では手に入らない ドブ釣り用 のオモリを買ってかえりました。
d0155141_22394242.jpg
左の大袋が8号 約2キロ入って 1400円
小袋が5号 6コ入って捨て糸付で(馬毛が巻いてあります) 160円

どちらもお買い得です!
本当は、よく使う4~6号の大袋が欲しかったのですが。



d0155141_22445129.jpg
毛鉤の材料(羽根)も買いました。
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-22 22:49 | 道具
2011年 09月 20日
9月の神通川
d0155141_2282141.jpg
0917・18

週間天気と台風の進路予想図を何度も見て、富山は大丈夫と判断して富山・神通川に行って来ました。

天気予報が当たって近畿地方は夕方から雨で北陸道(福井)に入っても雨、金沢も雨
富山県に入ってからは降ってない!
運動公園のパーキングで朝まで仮眠し、朝、目覚めると雨…

でも そんなに強くないので竿は出せそう。

成子のポイントを覗くとドブ師は誰もいなく、準備をされているのは友釣りの方ばかりで、
浅瀬で少し跳ねはあるものの釣れそうにないので移動。空港前左岸に行くと見覚えのあるクルマが2台、
地元のDさんとMさん 挨拶をし尋ねると「朝はダメやで…夕方やな」とDさん
小雨になってきたので竿を出してみるが、釣れない…なんとか4尾(16~18cm)上げ11時で終了。
d0155141_20205295.jpg
友釣りの多さに驚きです。↑


午後からは、ayukitijiさんが入られている空港前右岸へ
空きスペースにクルマを入れると、休憩されていた、静岡のKさんと東京のSさんとばったり(驚)
情報交換をし3時頃から釣りはじめる。

「黒八ツ橋」で2尾釣れ、あとが続かずなかなか釣れない・・・
雨も降りだし暗くなってきて友釣師があがって来られるようになってからアタリが出だし
少しの間でしたが久々の入れ喰いを楽しめました!リリースを入れ20数尾6時半で終了しました。

ayukitijiさんの手前で喰わせるテクニック、Kさんの見事な竿さばき、Sさんも最後までひとり残られ
竿を曲げておられました。(皆さんさすがです!)


0918
d0155141_14455279.jpg
雨は上がり今日は天気がよさそう(やはり週間天気はあてにならないですね(笑)立山連峰もきれいに見えていました!

朝は釣れないだろうと桜並木へ、ドブ師ゼロ、跳ねは浅瀬で少しだけある。
ダメもとで竿をだすウグイ2尾にアユ1尾で、場所移動しようかと竿をたたみかけると、「どうや?」と
地元のNさんが来られ、ご一緒することに・・・昔の神通川の事や毛鉤のことやら色々聞かせて頂きました。
結局釣れず10時で午前中終了し、釣具屋さんとお土産(鱒寿司)を買いに行きました。

午後からNさんから桜並木がいいと聞いておりましたので行くと、あらら、友釣りだらけ・・・
ドブ釣りのポイントも入られていたので空港右岸に

今日は中々アタらず18時前までボウズで日が落ちてからアタリだしました。
昨日より型のいいのが6尾釣れ(リリースあり)18時半で終了しました。

ayukitijiさんをはじめ、地元のドブ師の皆様には(今回も)大変お世話になり有難うございました!


「素晴らしい立山連峰を眺め、雄大な神通川で鮎釣りができる」

羨ましいかぎりです。。。
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-20 20:53 | 釣記
2011年 09月 11日
台風あと
0910

台風のあとの矢田川へ行ってきました。
4~5日雨は降ってないものの、水量30cm高でまだ濁りがとれてない。
d0155141_8364168.jpg
d0155141_8374811.jpg

Hさんと挨拶し状況を聞くと、香住では台風の雨・風はさほど強くはなかったそうだが
村岡あたりで相当降ったみたいで、矢田川も増水して一週間ほどは竿が出せなかったそうです。

5時半過ぎから釣りはじめる。が、なかなか釣れない・・・
アタればウグイばかり、Hさんも釣れてない。

「おかしいなぁ・・昨日はそこそこ触ってきたんやけどなぁ・・」 とHさん。

ハネはあるので、鮎はいるはず、3回ほどはソレとゆうアタリはあったが釣れない。

7時半頃に「椿淵」で釣っておられたTさんが来られ、どうでした?と聞くと
「ダメ!イス(ウグイ)一尾だけで終わり」

やはり今日はきびしそうだ、毛鉤を09年10月神通川でよかった毛鉤に替えて、底スレスレで
我慢してると、きました!おもわず「きたっ!」と叫んでしまった、いい引きだ!もう少し鮎の引きを味わいたかったのですが
なにせボウズのがれの一尾!慎重に竿をたたみ引き寄せ、(鮎に)空気を吸わせてタモへ、今シーズン最高の21cm。
橋の上から見ておられたTさんとギャラリーの人に拍手を頂きました(笑)。

それから9時半まで18cmと20cmのを上げて3尾で終了。



夕方のほうが良いかなと思い竿を出しましたが・・・釣れません。
なんとか「岡林4」で20cmを一尾釣り、17時頃にTさんも来られ二人で頑張りましたがダメ。

ハネもないし、釣れるのはウグイだけ・・・。
薄暗くなり、もう一尾追加し終了しました。
この釣果で今シーズン初めて「竿がしら」になれました(笑)やはり終盤・濁りが入ればウデより毛鉤ですかね。
d0155141_1085521.jpg


久々の矢田川、きびしい釣りでしたが、釣れなくとも川にいられるのは幸せです。

d0155141_9572773.jpg
d0155141_1072166.jpg
d0155141_958182.jpg
兵庫・北部の但馬では早くも稲刈りがはじまっています。
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-11 09:59 | 釣記
2011年 09月 06日
釣りにいけない日には
釣りにいってない。

ここ2週間、所用と台風のためいってない。。。



ブログも更新していなかったので、本を紹介します。
d0155141_18185993.jpg
「家を抜け出し、川に佇つ」村田久(著)

この人の本(釣記)は好きでよく読む。
この本も欲しかったのだが、釣りに行けないオフシーズン(禁漁期)にでも(読もう)と思ってたのですが 
市内の図書館で見つけ借りてしまった。

著者の村田氏は、60を越えたフライフィッシャーで批判的な文はなく、自然を愛し川釣りが好きで
のんびり・ほっこりする釣記を書かれ釣りにたいする考え方がワタシと似ているので、
この方の本は夢枕獏さんと並びよく読みます。
d0155141_18461962.jpg




「家を抜け出し、川に佇つ」  このタイトルいいですね!!

「うしろめたさは釣りのスパイスである」  これは、夢枕獏さんの言葉。



どちらも家庭を持つワタシにはオモミのあるフレーズです。(汗)
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-06 18:53 |