人気ブログランキング |
<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 31日
0730 矢田川
昨夜はテント泊し、夜明け前、3時半頃テントをたたく雨音で目を覚ます。
雨か・・・パラッときただけですぐにやみ4時半に大野橋に着くと
早いです、まだ薄暗いなかHさんTさんすでに竿を出されいます。


準備をし川に入ると早速Hさん(矢田川のドブ釣り名人)が竿を曲げられる
「この引きは上針だ」18cm級のアユをタモへ。

Hさんは、上針(枝針)に「まゆみ」下針(天秤)に「黒竜」
どちらも土佐・四宮針をシーズン中この2種類の毛鉤で通される。

聞くと、シーズン前に「黒竜」「まゆみ」の荒巻・小巻にどちらも2.5号・3号針を各30本
注文されるとの事、どんな事があってもこの2本(針の大小・荒巻小巻で)
の毛鉤を替えずにバンバン釣られる。
毛鉤のこと・ドブ釣りのことを聞くと包み隠さず何でも教えて頂けますし、自分の持っている毛鉤を
「使ってみ」と無償で皆さんにあげてらっしゃいます。おっきい人です。


でもHさんが釣れているので同じハリにしても誘い方が違うのか釣れないんですね・・・。
特に「黒竜」は難しいハリでまだまだワタシには使いこなせません。
今度、動画を撮らせてもらおうかHさんにお願いしてみようと思っています。
了承して頂ければ、動画を貼りたいと思います。



途中、雨にやられたり、風が強まったりしましたがアタリはそこそこあり、
皆さんと談笑しながら楽しい釣りができました。
4時半から9時半まで「赤熊中金系」13尾で終了。

毎回HさんTさんには釣果をダブルスコアで負けていますが、
今日はそこまでいきませんでした(笑)。


「なんとも綺麗な魚体の鮎を毛鉤で誘い喰わせ、釣るドブ釣り」
毛鉤の選択・アユの強い引き・スリリングなやりとり・侍が刀を鞘におさめるよう竿をたたみ
静かにアユを引き寄せてくるドブ釣り独特のとり込み。
やめれません。
d0155141_10534558.jpgd0155141_10535981.jpg

by yuhi43 | 2011-07-31 10:24 | 釣記
2011年 07月 25日
気温23度
0723夕0724朝

これで何週連続でしょう矢田川に行ってきました。
金曜の夜、Hさんから電話があり、台風の後水量も増え低水温できびしいとの事。
今シーズンは週末になるとHさんから電話をもらい、川の状況を教えて頂けるので
助かってます。Hさん有難うございます!!


0723
自宅を出て道路の気温計は31度、これは晴れて水温も上がりいいかなと思いクルマを
走らせ、日本海側へ近づくにつれ気温が下がりだし、あらら16時の香住の気温23度。
ええ?涼しい。
今晩の宿、(汗もかかずに)テントをはり、17時にいつもの大野に入川。


川に入るとやはり水温が低い、これはきびいしかも。
40分かけて「黒竜」でようやく一尾。
それからも中々アタらず、この水温は以前富山で経験したなと思い出し、その時の当りバリ
滅多につけない「赤熊中金」で誘うとぽつぽつアタリがでだし、19時で4尾。


アユが毛鉤を触ってくれるのでハリ掛りしなくとも疲れない。
暗くなる19時半までの30分で5尾追加の9尾で納竿としました。

色々と毛鉤を試しましたが今日は「赤熊中金」だけに反応してきました。

やはり昔からある名毛鉤「赤熊」「青ライ」「茶熊」は試してみないとダメですね。




0724
朝、4時半に川へ、冷っとして肌寒い感じの夜明け。
やはり水温も低い、Hさんが先に釣っておられ聞くと
「昨日の朝も3匹だし今日もだめっぽいなぁ」


昨日よかった「赤熊中金」をハリケースから出そうとするとハリスが絡まり、プチン、
あらら毛鉤から10cmのところで切れてしまい使えない。。


「まゆみ」でゴンゴンと強い引きが一回と「黒竜」でかけ手前まで引き寄せ
竿をあと一たたみとゆうところでアユが反転しバラシが一回、
合計でも5~6回くらいのアタリしか出ず今シーズン初ボウズでした。
d0155141_22373528.jpg



いつかHさんがおっしゃてましたが、カミナリがあった翌日は、どうしたことか
相当な確立で釣れない(毛鉤を追わない)そうです。

なぜかと聞くと
「おそらく目をやられるんやないかなぁ」だそうです。

音は関係あるんですかね?と尋ねると
「・・・分からん」でした。

昨日の夜はすぐ近くの香住港で花火大会があったので
そんな事も関係するんかなぁと、ふと思いました。

by yuhi43 | 2011-07-25 22:42 | 釣記
2011年 07月 19日
にっぽん釣りの旅
よく見る番組
NHKBS「にっぽん釣りの旅」で富山・庄川のドブ釣りが放送されました。


ワタシも7/18の再放送で気付き見ましたが、最終の再放送7/20予定が台風為、
残念ながら中止とのこと・・・。


データーはこちらです、クリック←して下さい。


この番組は再放送が多いのでいずれ放送して頂けるでしょう。

by yuhi43 | 2011-07-19 17:59
2011年 07月 18日
夕釣り・朝釣り
0717
矢田川16時半到着テント設営。
d0155141_1512888.jpg
天気もいいことだし今日はテントをはりました。



大野橋に17時過ぎに到着、すでにTさんが釣っておられる、声をかけると
「今、竿出したけど3連チャンやで」
これは良い日に当たったかなと、あわてて準備をし川へ

なるほど一流し目からアタリます、すぐに16cm級を魚篭に入れ最先良いスタート
それからアタレばバラシ、アタレばバラシの連続・・・う~ん水面近くで喰ってくるので難しい。

18時半までで10は釣れていたでしょうか、土佐針「まゆみ」で飽きずにアタッてくる、
突如ひったくられるようなアタリで(ウグイかな?)ハリ先だけ取られアタリバリを取られる。
(これが後々ひびくことに・・・)

Yさんも来られ談笑しながらの釣り、Tさんが日が暮れて19時15分から19時半までの15分は
荒喰いするよとのこと、
釣れ出しました!おっしゃるとおり19時過ぎから「岡林4」で入喰い
17時半から19時半まで「岡林4」「まゆみ」14~18cm 18尾



0718
d0155141_15373774.jpg
朝焼け


今日は早くから皆さん来られ、矢田川のドブ師が並びます。
d0155141_1542515.jpg
聞くと、やはり今のアタリバリは「まゆみ」だそうで、皆さん次々といい型をあげられる中、ワタシだけがカヤの外。
昨日、ウグイにとられたのが悔やまれる。
d0155141_15584221.jpg

何とか一ハリー匹で8尾釣るのがやっと10時前で納竿しました。
HさんTさんは30以上はかるく釣られていたでしょう。
「ウデの差」もありますが、アユの目のよさにには驚かされます。

アユは僅か1cmの毛鉤を見て、主食じゃない(虫に似せた)毛鉤のどこの部分で、魅かれ興味をしめすのか?
はっきりと毛鉤を見切ってくるのは確か、何なんでしょうねぇ?


分からないのがまた、いいんですね。

ハマってます!

「アユの毛鉤釣り」

おもしろい釣りです!

by yuhi43 | 2011-07-18 16:24 | 釣記
2011年 07月 17日
猛暑
0716 矢田川

4時半にいつもの大野橋に着くと誰もいない。
あら?もしやここも釣れなくなったのか・・・準備をし堤防まで歩いていくと
いつものクルマ2台(TさんHさん)が停まり、

「弁天淵はアカンわ!ウグイ3匹でしまいや」
と、昨日の夕方よくアユが跳ねてたので、試しに竿をだされていたそう。

ワタシが一番乗りで左岸に入り、一匹釣ったところでご両人は対岸に渡り
挟み撃ちのカタチで釣り開始。

今日は毛鉤に触るもの中々ハリ掛りしてくれない・・・。
そうしていると何か情報が入ったのか4人来られ、珍しく賑やかに7名のドブ師が並ぶ。
上手のかけ上がりでよくアタリ、一番下手になったワタシはハリが合わないのか
中々釣れず「まゆみ」に換えてからぽつぽつアタリだす。
釣れると17cm前後の元気なアユちゃんがよく引いてくれます!
d0155141_13351962.jpg


4時半から9時まで、16~19cm 10匹 13~15cm 5匹「まゆみ」
グリーンラメが効いていた感じです。
d0155141_13355554.jpg


ワタシは15匹で一番悪く、Hさんは30オーバー、皆さんも20以上は釣られていました。
今日はポイントの選択・毛鉤の選択を間違えました。
まだまだです。

by yuhi43 | 2011-07-17 13:37 | 釣記
2011年 07月 11日
0710 矢田川
昨夜は、いつものパーキングで車中泊し4時半に大野橋に入川
d0155141_21452466.jpg
d0155141_21485383.jpg
すでに、お馴染のHさんTさんが釣っておられるお早いです。


どうですか?と尋ねると

「昨日はよう触りよったけど今日は全然触らん」
「今日は顔も見せんなぁ」

どうなっとるんやろう?とのこと。


ダムの放水が止まってないのでしょう。
水量は20cm高くらいで流速もあってオモリ5号じゃ無理そう、7号で「虹の清水」を付け
毛鉤を落としていくと「コンコン」と弱いアタリ少しおくってやるとハリ掛りし
いい引きをしてくれる15cmをゲット。
富山の重いオモリ(7~10号)の釣りが役立ちました。

それからも「虹の清水」でアタリがありバラシもあるが3匹釣れたところでストップ。
毛鉤を換えながら我慢の釣りで7時まで6匹。

釣れれば14~16cmの天然鮎の引きで楽しませてくれます。

d0155141_22174232.jpg
d0155141_221852.jpg
「矢田川の名人」
この方が釣れなければアユはいないと思います。


HさんTさんとも8時で上がられると、お二人を恐がっていたのかアユが跳ねだし「偽岡林4」で
アタリだしてバラシもありますが4匹追加の10匹。 9時半で終了しました。
d0155141_2233727.jpg
「虹の清水」 「岡林4」

by yuhi43 | 2011-07-11 22:39 | 釣記
2011年 07月 10日
梅雨明け
0709
近畿も梅雨が明けました。これからが鮎の毛鉤釣りの本番でしょうか。

土曜の午後から空いたので矢田川へでかけました。
d0155141_14474584.jpg

木曜の雨でやや増水気味。

由良橋の上でアユのハネを見つけ入川
d0155141_14501733.jpg

アユはいるのですが、毛鉤があってないのか喰いついてくれません・・・。

一鉤一匹の感じでリリースを入れ17時半から19時半まで8匹で終了しました。
「村雨元銀」「玄亀」など
d0155141_14554896.jpg
平均このサイズ。


今日もキビシイ釣りでしたが、何か矢田川にアユが戻った感じをうけました。

by yuhi43 | 2011-07-10 14:58 | 釣記