<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 26日
0626 矢田川
週末天気悪そうだし家で毛鉤でも巻こうかなぁと思ってたら、またまた天気予報はハズレ
ホームの矢田川へ行ってきました。


Hさんから電話で聞いていた弁天のシモに入川
d0155141_14413459.jpg
今シーズン実績のあるハリで誘うが釣れません・・・アタリもないので先客の方は(場所移動か)あがられる。

Hさんに聞くと釣れないので矢田川でドブ釣りをされる人は5~6人だそうです、まだ6月なのに・・・。
いつものYさんも来られ3人で頑張るもダメ、12~13cm 2匹で終了。
3人合わせても、5匹でした・・・ヒドイもんです。


場所移動 大野橋
d0155141_14574355.jpg
d0155141_1458364.jpg
Yさんも先に移動されていて「どうですか?」とたずねると「下りておいで」とのこと

こちらもご常連のTさんと挨拶し、聞くと「今年はじめて鮎釣りした感じや」
朝から結構釣ってはるみたい。

8時から入り、ぽつぽつアタリがあり水面で喰ってくるのでバラシも多いが、楽しめます。
Yさんと「今日はここやったねぇ朝一から入ってたら20くらいは釣れましたねぇ」と話していると
ゴンゴンと大きなアタリ、よく引いてくれます!
d0155141_15242190.jpg
キレイな魚体です。


16cmのが2匹釣れ、ダムの放水でアタリが止まり10時まで「茶熊中金桜」6匹で終了。



今年の矢田川はヒドイです。

友釣りの方もいません。

弁天淵再生も失敗。




Hさん・Yさんに鮎いただきました有難うございました。
d0155141_1527132.jpg
「矢田川天然鮎」1200円て感じですかねぇ。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-26 15:28 | 釣記
2011年 06月 23日
富山名物
土産の定番  鱒の寿司
d0155141_22263555.jpg
いつも買って帰る関野屋さんがお休みで「高田屋」さんのを買って帰りました。
d0155141_2229169.jpg
d0155141_22293819.jpg
ここのも美味いです!
富山から5時間かけて帰り、鱒寿司を食べ一杯やるのが楽しみです。



d0155141_22343664.jpg
竹林堂本舗
d0155141_223841100.jpg
商店街の中にある歴史のある饅頭屋さんです。
d0155141_2241079.jpg
酒饅頭 130円
オーブンで炙って食べたらGOODでした!
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-23 22:50 |
2011年 06月 21日
神通川 2日目
0619

昨夜はいつものマンスリーマンションに泊まり(3500円)朝、4時に起床し昨日と同じ成子に
上から見るとテトラの上で釣っておられる方お二人、昨年お世話になった
NさんとMさんがおられる。
ご挨拶をし、どうですか?と尋ねるとダメやな~でした。

昨日、釣れた「新紅梅」で探るも中々アタリがない。
朝一は、やっぱりこれかなぁと「虹の清水」にすると、小さいのがポツポツと釣れる

色々とハリを試すが8時頃から喰いが止まり、Nさん・Mさんも場所移動されたみたい・・・
あのお二人が移動されるくらいだからダメみたいです。

10時くらいまで粘るが、まったくアタリがなく、8~15cm15匹で終了しました。
「虹の清水」「まゆみ」

釣果の一部です
d0155141_19153284.jpg

矢田川と違い、鮎のハネもあるし、鮎はいる!梅雨明けくらいに期待がもてそうです。
型は小ぶりでしたが、神通川の鮎の引きに堪能し楽しい釣りができました!


d0155141_19174179.jpg
「神通鮎の天ぷら」

これはうまかった!!

上品な器にのせ初夏の葉などを添えれば、料亭に出せますね。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-21 19:29 | 釣記
2011年 06月 20日
2011 神通川解禁
0618

この土日で高速休日1000円が廃止されることもあり、ユメヤさんも行かれるとの事
久しぶりにご一緒させていただこうと、17・18日と富山・神通川へ行ってきました。

18時半に出発し0時過ぎに富山に到着。
コンビニで毛鉤釣り専用の年券(3600円)+ビールを買い車中泊。

4時に起きて、ユメヤさんも着いているかなぁと連絡すると、用水路にいるとの事・・・
その場所は釣れることは釣れるが、見晴らしも悪いし人も多く1m間隔でずらっと
並んで釣らないといけない場所なんで、ご遠慮させて頂き、
昨年も入った成子橋右岸のカミで釣ることに、

解禁は5時からなのにすでに釣りだしている人が数人・・・。

ワタシも準備をし、5時からテトラの脇に入り釣り開始。
d0155141_20135164.jpg

矢田川の解禁で当っている毛鉤、「新紅梅」と「まゆみ」(どちらも土佐・四宮針)
をワタシなりにアレンジし巻いたハリで誘っていくと、アタリます。
d0155141_20161734.jpg
「まゆみ」
d0155141_20192721.jpg
「新紅梅」

型が小さいのでバラシも多いが結構な確率で7時くらいまでは、この2本のハリで喰ってきました。
兵庫と富山、場所は違えども同じ日本海から遡上する「鮎」は、やはりリンクする部分あるのでしょうね。

ワタシが釣れだすと入って来られますね・・・(苦笑)これが富山のドブ釣りと受け入れることにしました。
でも毛鉤が違うのでワタシの竿だけが曲がります。


テトラの上で釣られていた人が、

「やっぱり場所やな」 と言われるので

試しにその方のポイントに毛鉤を落とすと

喰ってくる「いや毛鉤ですよ」 とワタシ

解禁からハリを選ぶのかと皆さん首をかしげてはりました。


9時でアタリが止まり、休憩していると、少しシモの方で一人離れて釣っておられる
立ち姿も雰囲気があり、のべ竿なのでもしやと思い声をかけさせてもらうと、
やはりブログの香魚さんでした。
少しだけしかお話しできませんでしたが、お出会いでき感激しました!
またご指導よろしくお願いします。

d0155141_20221278.jpg
釣っていた元の場所を見ると、ワタシのビクの前で釣っておられるので、もういいわと違う場所に移動。
午前中は10~16cmを42匹。



午後からも成子に入ろうと思っておりましたが、ユメヤさんから連絡が入り、大沢野橋の上流で、静岡のKさんが入れ喰いしてると連絡が入ったから行こう!と、誘って頂き
13時頃から18時まで28匹、12cmまで「興浅」「銀花山9」「栄光暗烏」など
他の毛鉤も多数当たりました。
d0155141_20321357.jpg
たしかにココは良く当たるが、流れも早く浅いので半分はバラしてしまう・・・難しい
流石にKさんはよく喰わせ取り込みも見事!誘い方など勉強になりました。

晩御飯もご一緒させて頂き、ユメヤさん、Kさん、もう一人静岡の方、
毛鉤釣り談義で盛り上がりました!有難うございました。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-20 20:36 | 釣記
2011年 06月 16日
ビワ
誰が植えたか近くにビワの木があります。
d0155141_20254141.jpg
ほったらかしの木ですが沢山、実をつけています。
d0155141_2027127.jpg
食べるにはまだ早そう。


コチラ我が家の柿
d0155141_2030326.jpg
小さいですが実をつけだしました。


今週末0619で高速休日1000円が終了するので、8年ぶりに富山・神通川の解禁に行ってきます!
同じ日本海にそそぐ兵庫・矢田川が不漁なので少し心配です。。。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-16 20:38
2011年 06月 14日
食堂 入船
香住で気になっていた食堂。

う~ん?  かにうどん?

気になってました。
d0155141_1824568.jpg
「入船」
店内もこじんまりとした昭和の匂いがする、いい感じの小さな食堂です。


d0155141_18275149.jpg
メニューの間に何かが・・・
d0155141_1829298.jpg
やっちゃいました・・・。



注文はもちろん
d0155141_18381140.jpg
特製「かにうどん」700円

少しトロミがあり甘めの汁で、とにかくいい出汁が出ています。
麺もコシがあり、カニも食べてたらスジがでてきたりでちゃんとカニでした。
うまかった~。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-14 18:51 |
2011年 06月 13日
鮎はどこへ・・・
天気予報は見事にはずれて
金曜の夜だけ降って土曜日は雨は降らず薄日さえ出ている。
これくらいの雨なら濁りも水位も大丈夫。

0612
矢田川にリベンジに行ってきました。

今日は弁天に行こうと思ったが流れが早くて渡れないのでパス。
結局ここしかないかなーとツバキ淵をのぞくと昨年、弁天でいつもご一緒させて頂いていた
Hさんのクルマが・・・

「お早うございます、お久しぶりです」
「どうですか?」

と声をかけると、

速答で「ダメや」

やはり釣れてないようだ・・・

7時までで10匹釣れたところでストップ。
5時から9時まで10~13cm 12匹で終了。
「虹の清水」「銀花山9」

場所を数ヶ所かえ竿をだしましたが釣れませんでした。

矢田川に30年通うHさんにどうなんでしょうねー6月末くらいから釣れだすんですかね?
と聞いても

「鮎に聞かんと分からんわ」

と首をかしげてはりました。

矢田川の鮎はどこに行ってしまったんでしょう・・・。
d0155141_18163978.jpg
この三人と対岸の一人、9月までドブ釣りをされるベテランの方ばかり、皆さんどこも釣れないのでツバキ淵に集まりました。が釣れない。
皆さん口をそろえて「あかんなぁ~」でした。

d0155141_18275444.jpg
Hさんが「持って帰り」とご自分の分もわけて頂きました。甘露煮にします。



d0155141_18324544.jpg
河原で咲いてました。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-13 18:36 | 釣記
2011年 06月 12日
0610 矢田川 
近畿地方、土日は、まとまった雨が降り「特に土曜日はどしゃぶり」とラジオの気象予報士が言っている。

ならと金曜の夕釣りに矢田川へでかけました。
各ポイントを見て回っても、あい変らず鮎のハネはありません。。。

d0155141_17381720.jpg
ツバキ淵に4時から入り、日が沈み暗くなるまでネバリましたが
10~13cm 8匹のさびしい釣果に終わりました。

矢田川は小さい川なのでやはり解禁前の長雨+台風での増水の影響でしょうか、
こんなに釣れない6月の矢田川は初めての経験です。

でも、釣っていると7~8cmくらいの小鮎の群れが動いているのを見かけるので
もう少し気温も水温も上がってからでしょうか・・・?
d0155141_1739357.jpg
対岸のお二人も釣れてませんでした。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-12 17:43 | 釣記
2011年 06月 07日
矢田川 2日目
0605
川側でテント泊し、昨日より今日の方がいいやろうと、昨日と同じツバキ淵へ。
幾分水量は減っているが、やはり鮎はハネていない。
昨日釣れた毛鉤で探るも、釣れない・・・釣れても10cmくらいのおチビちゃんばかり、アタリも止まり場所移動。
昨日、釣れなかったせいか、つり人も少なく、うろうろしたがどこもダメみたい。
来週に期待して午前中9匹で終了しました。
d0155141_18242754.jpg
途中、漁協の方に聞いてもどこも釣れてないようだ。

漁協の方に、年券を見せると、

「友釣りはやらんの?」

「はい、毛鉤釣りしかやらないんですよ」 と言うと

「若いのになんでや!もったいない!おもろいのに」

と矢田川漁協の監視の方にお出会いするたび、必ずと言ってもいいくらい友釣りをすすめられる。
漁協の幹部の方は友師が多いのでしょうか。

ここ数年の矢田川の鮎釣りの規定が変わるのも、友釣りに合わせたルールになっているように思えてならない。。。
以前は11月末まで釣れましたが、禁漁が早まったのも友釣りで釣れなくなる(囮を追わなくなる)時期の10月10日に
改訂になっている。産卵、鮎の保護とうたっていますが、
友釣り優先に考えられた鮎釣りの規約と思えてならないのは、ワタシだけでしょうか・・・?

出来れば富山の神通川みたいに何週間か禁漁期間を設けて頂き、ドブ釣りで20cmオーバーが釣れだす
終期の落ち鮎釣りを復活して頂きたいです。(乱獲するわけなくドブ釣りで釣れる数などしれてます)

友釣り・毛鉤釣り・餌釣り・コロガシなど
竿釣りには色んな釣り方があります。
好き嫌いはあっても、ワタシは鮎の釣り方に差別はしません。

確かに自分がやっている釣り方が一番と思う気持ちは分かるのですがね・・・

毛鉤釣りにも、もう少しだけ門を開いていただけたらと願います。
d0155141_1840584.jpg

矢田川を愛する者の一人として、会合など意見交換や質問などしてみたく

矢田川漁協の組合員になれないのかと尋ねてみたところ、

香美町民以外はなれないとの回答でした。

残念です。。。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-07 19:04 | 釣記
2011年 06月 06日
2011 矢田川
あとクーラーを積めば準備OK!
d0155141_18205981.jpg
早く積み込みすぎたせいか忘れ物あり 苦笑


0604
矢田川に着き、川を見るとやはり濁りもあり増水している。
ドブ釣りのポイントをシモからカミまで見て回っても、鮎のハネもないし釣れそうなポイントがない・・・。
↓ここかなーと上流のポイントに入るも
d0155141_18251156.jpg
アタリなし、またうろうろクルマを走らすが、皆さん釣れてなさそうだ・・・。
温泉の裏をのぞくと、お二人釣っておられ
d0155141_1827712.jpg
見てると型は小さいが結構釣られている。
そのシモに入りようやく茶熊で一匹。
d0155141_18281532.jpg
ここで小さいのばかり24匹で午前中終了。

午後からも、いろいろ見て回ったが、やはり鮎のハネはない・・・。

しょうがないので、初期に型は小さいが数釣りが期待できるポイント、ツバキ淵に入る。
両岸合わせて7~8人釣られている。
岸から2~3mくらいのかけ上がりで竿の操作を溜め気味にゆっくり上げ下げすると、ポツ・ポツとアタリがあり、人影が水面に映ると喰わないのか、立って釣っているとアタリがなく、座って釣るとアタるといった感じで
身を隠し渓流釣りのようです。
d0155141_1830534.jpg
しっかり毛鉤に喰いついてます。

まずまずの14~16cmを10匹+唐揚げサイズ12匹で終了。「清水2号桜」「銀花山9」


地元の方に聞くと、5月の連休前は遡上もよかったそうですが、今年は雪が多く連休後の雨つづきに低気温も重なり、
この台風で川が変わってしまったと言われていました。
d0155141_18323194.jpg
一週間前にはここまで水がきてました。

水量も安定し新しい苔がつきはじめると魚も落ち着き、また釣れだすでしょう。
[PR]

by yuhi43 | 2011-06-06 18:43 | 釣記