<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 24日
8/21・22 夕釣り・早朝釣り
8月21日・22日 矢田川に行ってきました。

21日(土)晴 17時にシイガ淵に到着、やはり日本海側(香住)も暑い。
川を見るも“跳ね”はなく状況は良くなさそう・・・

多分暗くなるまで(19時)釣れないと思うので
ゆっくり準備して釣りはじめる。
やはり当たらない・・・
8月に入って釣れた毛鉤でさぐるも釣れない・・・
まぁ今年初のボウズでもいいかなぁと開き直り、
カラダ(腕)に負担のかからない軽いオモリ(3~4号)で誘う。

18時半頃にようやく一匹!「やれやれボウズのがれた」

日が沈み19時から3匹追加して夕釣りは4匹で終了。
d0155141_2216836.jpg
↑これは残念ながら(川の駐車スペースにあった)つり人が出したゴミです。
最低のマナーは守りましょう!!!



いつものコースで、
矢田川温泉→ラーメン→車飲み→車中泊→4時起床

22日、弁天淵へ入川。
4時半ではまだ辺りは暗く、竿に仕掛けをセットするのに手間取り
薄暗いなか川を渡ってポイントに到着。

一投目から(喰いが浅くバレるも)アタリあり!
何回目か同じポイントを通すと、弱~いアタリ!
それを逃さず、溜めて少~しだけ竿を上げてやると
川底にシボリ込み、ゆっくりと鮎の引きを味わいタモへ。

5時から6時半頃までは、喰いが浅くバラシもあるが
アタリもそこそこあるので楽しめる。

舟の中に7匹。
時間は7時。
ここからが難しい!
跳ねはあるのに釣れない・・・。

d0155141_22231537.jpg
8時半まで頑張って、9匹(14~16cm)「茶熊」

厳しい釣りでしたが、鮎の引きは強く!
数は釣れなくとも面白い釣りができました。



「鮎はナゼ毛鉤を喰うのか?」謎です・・・。

“鮎の毛鉤釣り”
派手な釣りではありませんが、おもしろい釣りなんです。

「コケを食べて成長する魚を毛鉤で釣ってしまうんですから」
[PR]

by yuhi43 | 2010-08-24 22:39 | 釣記
2010年 08月 08日
真夏の毛鉤釣り
8月7日(土) 二週連続で矢田川に行っきました。

弁天淵の少し上流のトロ場に4時過ぎに到着。
おおっ、すでにクルマが一台停まってる。

まだ暗がりのなか仕掛けが絡んだり、オモリが付かなかったりで
準備に手間どりようやく川へ
先行の地元ドブ師にご挨拶して、釣りはじめる。

ポイントは30~40m続くトロ場 『跳ねあり』
d0155141_12313125.jpg
最近雨が降っていないのか渇水気味(水深1.2m前後くらい)のよう。
朝一なんで基本に忠実に清水系かなと「虹の清水」で
二流し目で“コンコン”とアタリ→バラシで、同じ場所に毛鉤を入れると、
またアタリ1匹目をタモへ、さい先の良いスタート。

それから連チャンで追加し、3匹釣れたところでアタリが遠のき
何種類か毛鉤交換、跳ねはあるので毛鉤が合っていないみたい・・
色々試し「エリコク黄角」で4匹、自信鉤の「銀火山9」で
“ゴンゴン”と大きなアタリ+しぼり込みで
今シーズン1番!17cmを上げるも、その1匹どまり・・
昨年、北陸でよかった「鬼柳」で3匹。
「岡林4」で1匹。

跳ねはあるので、魚はいるのは間違いないのですが、
毛鉤が合ってないのか、誘い方がまずいのか
中々毛鉤に喰いついてくれない・・・
「う~んやはり8月のドブ釣りは難しいっす」
d0155141_12372797.jpg
まぁ型もよかったし、今日も面白い釣りができました!!
8/7 4時から9時半まで 14~17cm 12匹。



家に帰ると、嫁と息子が丹波へドライブに行ってたらしく、
d0155141_12381339.jpg
お土産の「丹波黒豆甘納豆」上品な甘さ+味で美味。
[PR]

by yuhi43 | 2010-08-08 12:47 | 釣記
2010年 08月 03日
右手は竿を支え、左手は川に浸け涼む
8月1日(晴)矢田川

香住泊。
矢田川温泉→餃子の大将→車飲み→車中泊→4時起床。

解禁から二ヶ月の矢田川、今日も暑くなりそうだ。

昨日のリベンジしたいところ、缶コーヒーを飲みながら釣り場を探し
矢田川では昔からある(有名な)ドブ釣りポイント、
弁天淵に今年初めて入川。
d0155141_212948100.jpg

堤防をおりていくと、すでに先行者あり、
おおっ!車が4台も停まってるやん「うーん?釣れてるんかなぁ」
と期待し、慌てて準備。
川に入り対岸に渡っていくと脚立に座って釣っておられる名人に挨拶
「どーですか?」「もう少しシモ(下流)の方がええよ」と名人、
下流を見ると淵からトロ場(50mくらい)にかけて6名のドブ師(皆さんベテランの方ばかり)。
d0155141_21314553.jpg

跳ねもあるし、鮎も間違いなくいる!おおっ跳ねてる!
これはと思い毛鉤を落とすも反応なし・・
毛鉤を交換して3回流したところでようやく‘コンコン’とアタリ!
「おお鮎の引き」ゆっくり引き寄せ、15cmゲット。
連チャンでもう一匹。
が、それから後が続かない・・・。

自分にアタリがないと周りが気になる(つり人のサガ)
キョロ・キョロするも皆さんあまり釣れていない様子(自分だけじゃないかーちょっと安心)。
d0155141_21331546.jpg

皆さん常連さんらしく(但馬弁で)談笑しながら釣っておられる。
但馬弁は良いです!なんかホッコリします。


ドブ釣り用語でも矢田川ではこんな感じです↓

『ようアタマ上げるのに、さわりもせんなぁ・・エサがおーとらんのかなぁ?』

「アタマを上げる・顔を出す」→「鮎の跳ね」
「さわる」→「鮎のアタリ」
「エサ」→「毛鉤」



結局、皆さん8時頃には上がられ、ワタシもそれから30分ねばり
色々な鉤を試しましたが「さわらず」納竿。

いつも思うのですが、矢田川(香美町)で出会うひとは(播州人と違い)
本当に温厚で皆さん親切な方ばかりで(見習わなければ)、
いつも楽しく気持ちいい釣りができます!
感謝致します!!

4時半から8時半まで 13~16cm 「こまつ元銀」7匹。
[PR]

by yuhi43 | 2010-08-03 21:42 | 釣記
2010年 08月 02日
気配なし
7月31日(曇り)矢田川釣行


香住に17時に到着して川を見るも、友釣りの方が4~5人見かけたくらいで、

つり人(毛鉤師)ゼロ。
跳ねゼロ。

やはり釣れないんか・・・

まぁしょうがない、せっかく来たんやし「ボウズ」でもいいかと釣り開始。

19時頃にチビ鮎が釣れ、あと3匹追加し、計4匹。
19時半終了。
[PR]

by yuhi43 | 2010-08-02 08:09 | 釣記