人気ブログランキング |
カテゴリ: 道具( 22 )

2014年 06月 10日
ドブ釣り竿
サンテックさんから新発売されたドブ釣り専用竿

「GM 幻輝 鮎毛鉤 SP」10m

を試釣してきました。

持った感じは、やはり軽い 10mで380g
いつも使っている竿は、400〜500gなのでやはり軽いです。長く釣っていも疲れは軽減されるでしょう。
ただ軽いから調子はどうかとゆうと、先径が2.15mmあるので硬調子に仕上がり全体的にバランスが
とれています。1〜3番までは柔軟性もあるので大物でも竿先をいかしバラさず取り込みできると思われます。
あと、竿先は回転トップ使用になっているので仕掛けの絡みを軽減されます。
見た目も塗装などしっかりしてあり黒を基調に赤とゴールドの帯が入りシックな感じですかね。

d0155141_17533832.jpg


今回入ったポイントが1mくらいの流れ渕だったので、上・下の誘いの間隔が短く微妙なアタリの
とり方のテストには不向きだったかもですが、アタリは取れました(ウデがウデなのでなんともですが)。

取り込みも
「軽量タイプでありながらドブ釣り独特の取り込みに対応するパワーをそなえた専用ロッドです」
と謳っているとおり、アユの引きに合わせ、ゆっくりと取り込んでも、手返しを優先し早く仕舞いこんでも、
どちらもスムーズに取り込み可能だと思います。


あくまでも、個人的な感想ですので、ご考慮ください。

ご購入は
サンテックさんから直接にお客さんに販売することは基本的にないそうなので、サンテックさんと
取引きがある、お近くの釣具店でお求め下さいとの事です。

お近くにない場合等は、ご連絡もらえれば相談してみます。


お値段は、10m 120000円  
       11m 140000円

(定価から2割ほどは値引きあるみたいですよ。)



ドブ釣り人口が少ない中、毛鉤釣り専用竿を販売して頂くとゆう事は有難いですね。
地元の会社とゆうこともあり、応援していきたいと思います。

by yuhi43 | 2014-06-10 15:14 | 道具
2013年 06月 04日
2013 天秤 ・ 毛鉤
〈毛鉤〉
東京鮎毛バリ釣り研究会さんのコラムにもあるように

「沈みのいい毛鉤が良く釣れる」

と報告があったり、金玉に鉛を付けたり、釣り人個々が研究し試作をされているとのこと…
たしかに毛鉤が速く沈み“ハリ踊り”があれば、より鮎にアピールすることができるんじゃないかと思われます。

ワタシも今年巻いた毛鉤を、重いビーズを使いより速く沈むようにハリスを細く0.4号のフロロにしてみました。
フロロなのでホンテロンより張りはありませんが、細いのでハリ踊りはするかな…?と思います。
解禁の矢田川で試しましたが、良い感触を得ました。
(解禁なのでどんな毛鉤でもよかったかも?ですがね…笑)
d0155141_1972415.jpg
矢田川の解禁当った毛鉤 「紫音」  (ビーズ+フロロ)
紫ラメを使っているので、紫音(しおん)としました。


〈天秤〉
去年まで主に使っていた、北陸の天秤から、今年はこれを使ってみようと思います。
d0155141_197261.jpg
金属製で毛鉤のセットはハリス止め+ウキ止め

この天秤も解禁に使用しましたが、アタリが取りやすいと感じました。
軽めのオモリ3〜4号と、この天秤の組合せは繊細なアタリも取りやすいように思います。

この天秤は矢田川のあるドブ師の手作りの物ですが、製作者は残念ながら他界されているので在庫分だけです。
興味のある方はユメヤさんがお持ちですので、お問い合わせ下さい。

ユメヤ ☎0795 76 0251

by yuhi43 | 2013-06-04 16:34 | 道具
2013年 04月 29日
毛鉤の整理
早いもので、気がつけば鮎釣り解禁まで一ヶ月をきっていますね!
この連休の間に毛鉤ケースの整理です。
d0155141_1832924.jpg

d0155141_1841690.jpg
上段の右のケースが買い集めた各巻師のハリで、左と下が自作毛鉤。(もう少し毛鉤を刺すスペースがあるので埋めないと・・・)


d0155141_18254265.jpg
今年は自作毛鉤の販売も考え中です。

by yuhi43 | 2013-04-29 18:33 | 道具
2013年 02月 09日
パタゴニアウェーダー
趣味には金をつかう!


前から狙っていたウェーダーを購入しました。
d0155141_1774331.jpg
d0155141_1774532.jpg
パタゴニア リオ・ガジェゴス・ウェーダー
セールで39690円



河原を歩き、川の中に佇ちアユを釣るドブ釣り(鮎の毛鉤釣り)。
ウェーダーは鮎釣りアイテムの中でもロッドに次、重要なアイテムと考えています。
ウェーダーに必要なことは、まずは強度(水が入ってきては話にならない)、保温性(特に日本海側の川の水温は低い)、通気性(真夏の炎天下のなか釣場まで河原を移動すると密閉空間、汗をかきどうしても蒸れる)。この3点の問題をクリアしてくれるモノ(商品)になるとどうしても高額になってきます。

それと、ワタシがもう一つ重要視しているのがスタイル・ファッション性で、友釣りのスタイル(ファッション)とドブ釣りスタイルとを差別化したいと考えています。とゆうのが友釣師のファッションあれがスタイリッシュ「かっこいい」というのか??ワタシにはバイクレーサーの衣装にしかみえない。あの格好(友釣りファッション)でフルフェイスのヘルメットを被ればすぐにでもバイクにまたがり走りだせます(笑)。モータースポーツと釣りとは全く別のもの、国内の釣りメーカーは、どっちの方向を向いているのか?自然に身をおく「釣り」という遊びを理解しているのか?自然に敬意をはらい自然と調和した商品を販売しているのか理解に苦しみます…。

その点、フライフィッシングの世界は進んでいて、アカやゴールドの土派でなロゴマークもなく、シンプルに自然に馴染むウェーダーやベストが主流で品質もよくワタシはここ数年、フライフィッシングの格好でドブ釣りをしています。
d0155141_1774645.jpg


フライ(毛鉤)で魚(アユ)を誘い釣っているのだから、ドブ釣りもフライフィッシングと同じ。狙う魚は違えども共通点は多い。
魚が毛鉤に喰いつき取り込み方も同じで、友釣りはアユが掛かれば、引き抜く乱暴な取り込みだが、フライもドブ釣りも人と魚との一対一の勝負をし、十分に魚の引きを味わい釣り人の手もとまで引き寄せ丁寧に網に収めるのは和洋違えども共通する部分が多いと感じます。

by yuhi43 | 2013-02-09 11:22 | 道具
2012年 11月 10日
播州毛鉤 製作実演
1110

にしわき産業フェスタ に行ってきました。


西脇市の特産品や特産物が展示・販売されていて、中に播州毛鉤のブースもあり

伝統工芸士の勝岡さんが毛鉤巻きの実演をされていました。

d0155141_16301523.jpg

d0155141_16301730.jpg

d0155141_16301837.jpg

d0155141_16302013.jpg

久しぶりに播州毛鉤の実演を見ましたが、やはりすごいですね!

片手にバイスを持ち、あの細かい羽根やラメ糸をほそ〜いシケ糸でトメ、巻いていく。

この時は、別注の4号針「赤カニ」を巻かれていました。


by yuhi43 | 2012-11-10 15:47 | 道具
2012年 05月 20日
羽根
鮎毛鉤に使われる材料は、絹糸や金糸・ラメ糸の他に鳥の羽根がある。

よく使う、ニワトリやカラス、孔雀にアヒル、カモ・キンケイ・ヤマドリ・・・その羽根を染色したり、部位によって
も変わってくるので巻師さんによっては40~50種類くらいの羽根を使いわけて「鮎毛鉤」を巻かれています。

ワタシは、もっぱらフライフィシングのショップやネットで羽根を購入しておりますが、ニワトリがないんですね・・・
ニワトリの羽根(白色レグホン)だけが売ってないんです。


仕方がないので、ユメヤさん(播州毛鉤伝統工芸士)に尋ねると、「仕入れ先にもない」との事
在庫を持ってるだけしかないそうで、「うちも困ってるんや」とゆう返事。
d0155141_1862756.jpg
ユメヤさんのご厚意で貴重な羽根をわけて頂きました。洗浄したニワトリの羽根(左)



「白色レグホン」いわゆるニワトリの羽根です。
もし、売っているお店など知っておられる方、情報などあれば教えて下さい。040.gif
(羽根の部位は、尾羽根または手羽です)



d0155141_18162341.jpg
これはヤフオクで300円で買ったインコの羽根です。↑
d0155141_18175981.jpg
インコとニワトリで巻いてみました。

by yuhi43 | 2012-05-20 18:22 | 道具
2012年 03月 05日
青ライオン
鮎毛鉤といえば、「青ライオン」
d0155141_22105740.jpg
d0155141_2211925.jpg
なかなか釣れそうな「青ライオン」が巻けました。
このグリーンが効けばいいのですが・・・もうほんのちょっと淡いグリーンの羽根がいいかなぁ。



d0155141_22215843.jpg
d0155141_22225796.jpg
毛鉤巻き、試行錯誤です。

目標は高く!
青ライ・赤熊・岡4 いつかこんな名鉤を超える毛鉤を巻きたいと頑張って巻いております。

by yuhi43 | 2012-03-05 22:44 | 道具
2012年 01月 09日
地味と派手
今年はじめての毛鉤巻き。

『派手な毛鉤』
d0155141_21052100.jpg
「洸貴」オリジナルです。

黄角でトメをグリーンラメ、胴の底は赤ラメ、帯はピンクラメ、去年の初期(6~7月頃)は元がグリーンラメがよかったように思うのでこんなのを巻いてみました。




『地味な毛鉤』
d0155141_21164144.jpg
「奥多摩」?

一見「茶熊」に見えますが、トメと帯をグースの茶色で巻いてます。
角も茶にしています・・・釣れるかどうかは分かりませんがテストが楽しみの一本です。
d0155141_2125635.jpg
ハリスは0.4 ヘッドはビーズにしました。

by yuhi43 | 2012-01-09 21:33 | 道具
2011年 12月 20日
趣味には金をつかう
男は、好きなコトにお金を使わないで何につかうのか?!


(勝手に)と、ゆうことで小遣いをやりくり、ネットで購入しました。
d0155141_22133627.jpg
羽根・グースの濃い目の赤、ハックルプライヤー、ボビン、スレッド2色


帰ると 「なんかまた届いてるで」 と嫁もあきれ顔です。
タイイング(毛鉤巻き)をしない人には まったく必要ないものですね(笑) 

d0155141_22264899.jpg
上が「セラミック・ボビンホルダー」 これにスレッド(糸)をセットして針に巻きつけていきます。
下が「ハックル・プライヤー」 羽根を挟む道具

d0155141_2235177.jpg
「絹糸」 先巻き用で購入しました。いい感じの光沢です。
d0155141_2240274.jpg
この糸で「八ッ橋五段」を巻きましたが、キジのテールで巻いたため(細くですぎた) 「八ッ橋小巻」になっちゃいました(苦笑)。
おまけにバランスも悪いし。。。

でも、こんな毛鉤でも釣れたりするんですよねぇ!
どんな毛鉤で釣れるのか分からないのが、鮎の毛鉤釣りのおもしろいところです。

d0155141_22511730.jpg
「鮎毛バリ通信」が届きました。
ドブ釣りの情報が少ない中、貴重な書物です。発行感謝申し上げます。

by yuhi43 | 2011-12-20 23:05 | 道具
2011年 12月 13日
孔雀
オフシーズンは毛鉤巻きを


注文していた孔雀の胸毛?とグース(アヒル)の羽根が届きました。
d0155141_21322710.jpg
グースはあとで染めるとして、↓孔雀いい色でしょう
d0155141_213625100.jpg
ワタシの自信バリの 「銀火山9」 を巻いてみました。


銀火山は、この記事にも書いていますが数年前、矢田川でワタシ一人、入れ喰いになった毛鉤で、あとから聞いた話し
その時に見られていた方が、神戸ナンバーの若いこ(若くはないが当時はまだ30代)が大乗寺橋の下で魚篭
からとび出るほど(それは大げさ)めちゃめちゃ釣ったと矢田川で噂が流れたとか(爆)
ユメヤさんからも 「あんたやったんか」 と言われたくらいです(笑) 



d0155141_2281374.jpg
いつも角(ツノ)つけには苦労します。 ←油断すると角がいがんでしまうんですねぇ・・・数十分かかることも(汗)
d0155141_22124862.jpg
黒の底に今回仕入れた孔雀の羽根を巻きつけます ←ユメヤさんのオリジナルとは違うかもです。
d0155141_22153996.jpg
ハリスを着け、ポイント?の中銀、アカラメ底に赤のカモで元巻きをし、ミノ毛を巻きつけ出来上がりです。ハリスは0.4にしました。
ここまで巻くのに、20~30分かかります(苦笑)

今年はどの川でも一度は試しましたが、いまいちの結果でした。。。

来年期待で4~5本巻いてみます!

by yuhi43 | 2011-12-13 22:39 | 道具