2013年 09月 15日
やっと
0914

矢田川に行ってきました。

関西では3週連続で週末に雨に見まわれ、釣りに行けず1ヶ月ぶりの鮎釣り。
Hさんから椿渕に(鮎が)下がってきてるよ!と電話をもらっていたので、椿渕に直行
d0155141_8552485.jpg
兵庫・但馬でも集中豪雨があり、大水が出て底石は綺麗に洗われピカピカで、水も透明度があり透き透き、ここが下流域とは・・・
d0155141_8535279.jpg
これだけ水がキレイだとアユからも見えてるのか、跳ねはあるのに中々毛鉤に反応してくれませんね・・・

それでも、毛鉤を換えたりオモリを軽くしたり、色々やっているときました!水面近くで喰ってきました。
ハリ掛かりしてくれよ、と祈りながらテンションをかけ竿を止めていると、何とかハリに掛かり、
ゆっくり引き寄せるが、はじめは引きが弱いんですねぇ「おいおいアユかぁ」10mの竿を3本ほど仕舞ったあたりから、ここからです
アユ独特の強い引きがはじまり、こうゆう時にいつも「竿をたてて!」と静岡のK会長に声を掛けて頂いたことを思い出します。
9月のアユちゃんの元気イッパイの引きに堪能です!
d0155141_9543976.jpg

釣果は「つ抜け」せず7尾でしたが、ひと月ぶりのアユの引きに満足しました。
d0155141_9545858.jpg


アタリは、水面近くで喰ってきました。(底から、ゆらゆらする毛鉤を追ってくる感じですかね?)
毛鉤は・・・難しかったです! 7尾を4種類の毛鉤で釣りました。自作で「栄光暗烏」1尾、あとの毛鉤はオリジナルで
青ライオン系と赤熊系のハリ、で共通するのは、全て金針で巻いた毛鉤でした。
[PR]

by yuhi43 | 2013-09-15 10:10 | 釣記


<< 富山観光+ちょっと釣り      甲子園 >>