2013年 07月 14日
矢田川の銀鮎
0713

梅雨明けし、5日連続で猛暑日が続いていた関西地方も週末にかけ雨予報。
特に日本海側中心に天気が崩れるそう…土曜の午前中なら大丈夫そうなので行ってきました。
d0155141_14513643.jpg
川を見ると平水か少し渇水気味、いつものTさんYさんが竿を出されています。

どうですか?と訊ねると

お二人とも 「触らんなぁ〜」 です…。

今日は難しい釣りになりそうだ。

「清水中銀」でようすをみるがアタリなし、跳ねはあるので鮎はいるはず…。
先週巻いた「銀花山 紫」でひと流し目反応なし、ふた流し目の最後オモリが水面に出たところで喰ってきました!

ここで喰うと一発目の引きが強い「おっおっ」と思わず声がでました(笑)
慎重に引き寄せ、タモの中で踊る銀色に光る美形の鮎 キリッとした表情なんとも美しい魚ですね。

今日は水面で(毛鉤に)触ってくるようなので、オモリを底に着け一呼吸おき
オモリが水面まで50cmきったところからが勝負のようです。


ドブ釣りを始めて一年目、神通川で地元ドブ師のKさんに教えて頂いた

「ドブ釣りはオモリが水面を切ったところでどれだけ我慢(静止)できるかが勝負だよ」

この言葉が想いだされました。


今日は本当に微妙なアタリが多く、手元まで伝わるアタリが少ない…
目印に少しでも変化があれば静止させないとアタリが取れません。

それでも釣れないなか、楽しめました。川底も雨で掃除され、釣れる鮎は刃物のように美しい。

5時から10時まで15尾(13〜18cm)
d0155141_14513868.jpg
毛鉤は石井さんの「金鶏桜」を参考に巻いたハリと、オフシーズンに巻いたオリジナル
「白熊南郷先銀」「銀花山 紫」この3本でした。
d0155141_14514239.jpg

[PR]

by yuhi43 | 2013-07-14 07:41 | 釣記 | Comments(0)


<< キセキ      梅雨空 >>