2012年 01月 28日
大江戸釣客伝
日本最古の釣り指南書『何羨録(かせんろく)』を著した津軽采女や絵師の多賀朝湖(英一蝶)、宝井其角を中心に、江戸時代の釣りに憑かれた人々を活き活きと描く夢枕獏さんの本です。
d0155141_10511236.jpg

装画も、あの松本大洋さんが画いてます。
図書館で借りて読みました。やはり獏さんの本は面白いです!いい時間が過ごせますオススメの一冊です。



『何羨録』も読んでみたいのですが、多賀朝湖の絵も見てみたいなぁ。
[PR]

by yuhi43 | 2012-01-28 11:13 | | Comments(0)


<< 最低気温      獏さんの釣りエッセイ >>