2011年 10月 10日
2011年 最終矢田川
1007 
10月10日で鮎釣り禁漁に入る矢田川に行ってきました。
d0155141_951243.jpg
15時半頃に着きポイント見て回るも、鮎の跳ねがなく、いやな予感。

水量も落ち着いて、奇麗な水です。
ポイントを見つけられないまま、16時から大谷橋に入り釣りはじめましたが、アタリはなく
釣れるのはウグイばかり・・・暗くなりかけた頃に初めてソレというアタリがあり
慎重に引き寄せタモに収めました。が、その一尾で終了。

1008
夜は矢田川交流センターの広場にテントを張らせてもらいテント箔
気持ちよく寝ていると、警察官が訪問、パトロール中にテントを見つけ何者かと来られた様子

怪しい者が、わざわざ目立つテントで寝てる訳がないのに・・・
「ここら辺は鹿や猪が出るので注意してくださいね」と帰られました。

6時から大谷橋に入る。
釣っている5mほど先の小さい淵で跳ねはじめ、そこに毛鉤を落とし淵を通過させ少し流れ
のあるポイントでアタってきた、ここで2尾連チャンで釣れ2~3度バラシながら今日はいいかなぁと
期待しましたが30分ほどでアタリがなくなり、我慢の釣りに。。。
6時から11時頃まで8尾で終了しました。「黒八ッ橋系」「岡4系」
d0155141_10234219.jpg

d0155141_10241076.jpg
今シーズンの兵庫・矢田川は解禁直前の台風(この台風が痛かった)による大水で、
頑張って溯上してきたばかりの鮎が流されて、結局解禁から不漁が続き、友釣り師から苦情が
でたのか(何せ15000円の年券ですから)、漁協がシーズン中に成魚放流されたとか・・・?
ドブ釣りもきびしいシーズンでしたが、HさんTさんをはじめ、誘い方やポイント選び等
ご指導頂いたりで、それなりに納得いく釣りができました。
有難うございました。


矢田川は水も奇麗で自然も多く残されており、有難いことに天然溯上の多い川なので今年はダメでも来年は期待できます。
無駄な河川工事がないことを祈ります。




人が一歩前進すると

自然が二歩後退する
    開高健
[PR]

by yuhi43 | 2011-10-10 11:06 | 釣記


<< 竿納め      鮎はなぜ毛鉤でつれるのか >>