2011年 10月 02日
1001 矢田川
先週よかった大谷へ
夜半から冷たい雨が降り、水量は平水に近づいたものの水温は下がっていそう。

ポイントに着くと鮎の跳ねはなく、試しに毛鉤を落とすと、流れのないポイントはアタリがない
流れのあるところに落とすと触ってきた、二流し目でアタリがあり竿をたたむとバレ
2~3回バラしたあとようやく一尾。

それからアタリが遠退き場所移動。
大谷橋へ、しかしここも釣れず場所を変えようかと迷っていると

Hさんが来られ「どう?釣れるか?」
「いや、ダメです」

香住まで用事があって出て来られたみたいで、せっかくやから竿をだしてみるわとHさん、
一時間ほど今年の鮎の事やらを話しながら釣りましたが、アタリなく午前は終了。
d0155141_14102151.jpg

昼寝をし15時半頃からやりましたが、1尾釣れただけでダメでした。
今日はたったの2尾の釣果。
先週は良かったのにコンディションなのか解りませんが難しいですね。

矢田川は10月10日で禁漁になるので来週がラスト。
いい釣りができれば・・・です。
[PR]

by yuhi43 | 2011-10-02 14:13 | 釣記 | Comments(0)


<< 鮎はなぜ毛鉤でつれるのか      大水の後の矢田川 >>