2011年 09月 26日
大水の後の矢田川
0924(晴れ)
台風が通り大水がでて、ようやく竿がだせるくらいまで戻った矢田川。
d0155141_891452.jpg

それでもまだ30~40cm高で濁りはありますが、毛鉤で釣るには、いい感じな濁り方です。
この時期、増水後、鮎の食べる苔が雨で流されて、濁りがとれかけた頃、毛鉤で鮎を釣る(ドブ釣り)
にはチャンス。

15時頃に着き、シモからカミまで見て回るも、釣り人はゼロ!

「本日貸切り」

鮎の跳ねを見つけ、今年初めて大谷橋に、やはり増水で流れのゆるい場所に鮎はよってそうだ。

8号のオモリで探っていくと、竿に違和感を覚え、ためていると、きました!
う~ん、よく引いてくれるぅ 良型をゲット。
d0155141_20325712.jpg


水面近くまで毛鉤を上げると、お腹をすかせたウグイの攻撃にあい苦戦、せっかくかかった鮎ちゃんは
バラシの連続・・・水量が多く立ち込めないので手元まで引き寄せ、おまけに岸にはブッシュがあるので
最後は引き抜かないといけない・・・タモですくえたら良型5~6尾はビクに入れれたでしょうか。
へら師(へら鮒釣)の使うタモがいります。
15時半頃から18時までリリースを入れ15尾で終了。


0925(晴れ)
テント泊し朝は、いつもの大野に、ここで釣れました!
流れのあるポイントに毛鉤を底まで落とすと、すぐにアタリがあり、すぐに良型と分かる引き
2~3cm違うだけで引きが全然違う!今年一の23cm!慌てて携帯でパシャ
d0155141_2037151.jpg


アタリが遠のき、昨日のポイントへ移動
やはり、ここはよくアタるがウグイとバラシが多い・・・が底で我慢していると良型が釣れる

「いやぁ~オモシロイ」

d0155141_20495285.jpg
帰って数えると、持ち帰りは27尾(20cm級が7尾)でしたが、いい釣りができました!

毛鉤は自作の「黒八橋」系 2本巻いていきましたが2本ともハリス(0.4)を切られました(でっかいウグイかも?) 
特に白ドメのハリがよかったです。
[PR]

by yuhi43 | 2011-09-26 21:09 | 釣記


<< 1001 矢田川      富山でお買い物 >>