2011年 07月 25日
気温23度
0723夕0724朝

これで何週連続でしょう矢田川に行ってきました。
金曜の夜、Hさんから電話があり、台風の後水量も増え低水温できびしいとの事。
今シーズンは週末になるとHさんから電話をもらい、川の状況を教えて頂けるので
助かってます。Hさん有難うございます!!


0723
自宅を出て道路の気温計は31度、これは晴れて水温も上がりいいかなと思いクルマを
走らせ、日本海側へ近づくにつれ気温が下がりだし、あらら16時の香住の気温23度。
ええ?涼しい。
今晩の宿、(汗もかかずに)テントをはり、17時にいつもの大野に入川。


川に入るとやはり水温が低い、これはきびいしかも。
40分かけて「黒竜」でようやく一尾。
それからも中々アタらず、この水温は以前富山で経験したなと思い出し、その時の当りバリ
滅多につけない「赤熊中金」で誘うとぽつぽつアタリがでだし、19時で4尾。


アユが毛鉤を触ってくれるのでハリ掛りしなくとも疲れない。
暗くなる19時半までの30分で5尾追加の9尾で納竿としました。

色々と毛鉤を試しましたが今日は「赤熊中金」だけに反応してきました。

やはり昔からある名毛鉤「赤熊」「青ライ」「茶熊」は試してみないとダメですね。




0724
朝、4時半に川へ、冷っとして肌寒い感じの夜明け。
やはり水温も低い、Hさんが先に釣っておられ聞くと
「昨日の朝も3匹だし今日もだめっぽいなぁ」


昨日よかった「赤熊中金」をハリケースから出そうとするとハリスが絡まり、プチン、
あらら毛鉤から10cmのところで切れてしまい使えない。。


「まゆみ」でゴンゴンと強い引きが一回と「黒竜」でかけ手前まで引き寄せ
竿をあと一たたみとゆうところでアユが反転しバラシが一回、
合計でも5~6回くらいのアタリしか出ず今シーズン初ボウズでした。
d0155141_22373528.jpg



いつかHさんがおっしゃてましたが、カミナリがあった翌日は、どうしたことか
相当な確立で釣れない(毛鉤を追わない)そうです。

なぜかと聞くと
「おそらく目をやられるんやないかなぁ」だそうです。

音は関係あるんですかね?と尋ねると
「・・・分からん」でした。

昨日の夜はすぐ近くの香住港で花火大会があったので
そんな事も関係するんかなぁと、ふと思いました。
[PR]

by yuhi43 | 2011-07-25 22:42 | 釣記


<< 0730 矢田川      にっぽん釣りの旅 >>