2011年 05月 26日
高知 物部川
0521

昼ご飯を食べて空を見ると曇り・・・。
今にも降りだしそうだ・・・。
携帯で高知の天気予報をみると、やはり今日・明日は雨マーク

「う~んどうしよか」

雨で増水したら明日、物部川で竿がだせない
迷ったあげくナビをセットして物部へ。

途中、釣具屋・高知城を見学して物部川に着いたのが3時前。

有難いことに物部川漁協のホームページがあるので、ある程度の情報や
ポイントを事前に仕入れることができ助かりました。(感謝)

物部川の堤防沿いにクルマを走らせ見て回ったところ
県庁堀ポイントにはテトラの上から4~5人釣っておられる
やはり土佐のドブ釣りは川に入らず岸釣りが主流みたいです。

そこからもう少し上流の戸板島橋のシモに一人、川に入り釣られている。
d0155141_17441051.jpg
見ているとよく釣られているし鮎のハネがあるので

「ここかなーと」

少しカミに入らせてもらう、思った以上に底石は大きく流れはそんなにない
オモリ5号に「紫乃」を付けゆっくり毛鉤を落とすと「コンコン」とすぐにアタリがあり
10cmくらいのカワイイのが喰いついてきました。

雨が降ったり止んだりで天気は悪かったのですが、その後もよくアタリはあり
12cm以上のモノは引きが強く楽しめます。
d0155141_17485383.jpg
バラしが多いものの3時から6時まで10~14cmを30匹以上は釣れました。
「紫乃」「銀花山9」「金熊南郷」

着替えをしていると、シモで釣っていた方も上がられ話しを聞くと
今年は特に遡上が良く、今年(物部川)放流はしていないそうです。
なので釣れる鮎は全て天然!漁協の組合員さんや地元の協力のおかげなんでしょうね。


つり人も(ひとりでも)出来ることはやっていかないとダメだと思うし

釣り業界の方も儲ける事ばかり考えず、もっともっと足元を見て頂きたいですね。

by yuhi43 | 2011-05-26 18:06 | 釣記


<< 高知 二日目      八千代食堂 >>