2011年 05月 23日
高知 新荘川
0521
6月まで待てず、すでに15日から解禁になっている高知の新荘川・物部川に行ってきました。

山陽道→瀬戸大橋→高松道→高知道を乗り継ぎ自宅から(休憩を入れながら)
約4時間で須崎市(新荘川)到着。

とりあえず日券(2000円)を買いに釣具屋に、店員さんに新荘川のドブ釣りのポイントを聞くも
アルバイトなのか、よく分からないとの事・・・
しょうがないので、道沿いにクルマを走らせ川を見てまわることに・・・
河口でも川幅は狭く小河川になるのでしょう。水量は渇水ぎみなのか少ない
でもキレイな水が流れています。
新荘川は、最後にニホンカワウソが見られた川だそうです。

下から上まで一往復して、ドブ釣りできそうなポイント2~3ヵ所ありそう。
けど釣れないのかなぁ、つり人ゼロ。

場所は分かりませんが、小さい淵があり,鮎のハネもあるのでココに決め
川に入ると、いるわいるわ小さい天然鮎が「うじゃうじゃ」一斉に逃げていく。

ハネのあるポイントに毛鉤を落とすと、二回目の誘いで喰いついてきた、竿から伝わ
「鮎のひき」半年ぶりに味わいタモへ、釣れたのは10cmほどチビアユちゃん。
d0155141_19294814.jpg
そうしていると、おじさんお二人が下りて来られ対岸の岩の上から釣りはじめられる。
おはようございますと挨拶をすると、胸に付けてる日券を見られたのか

「どっから来ちゅう?」

兵庫からですと返すと、そうか遠いとこからとおじさん。

「そこらぁは浅いけど釣れるき」
d0155141_19271435.jpg
d0155141_19332182.jpg
d0155141_194917100.jpg

50~60cmの浅いポイントで水面で喰ってくるのでバラシも多いがそこそこアタリがあるので
楽しめます。

「金の帯が入っちゅうハリがええがよ」

と教えて頂いたり毛鉤を見せて頂いたりで、親切にして頂き有難うございました。

休憩しながら放流サイズも入れ、朝6時から11時すぎまで、30~40匹は釣れたでしょうか
型は10cmくらいがアベレージサイズでした。



※土佐弁、間違っていたらすみません。
[PR]

by yuhi43 | 2011-05-23 19:37 | 釣記 | Comments(0)


<< 八千代食堂      山鳥 >>