2010年 08月 03日
右手は竿を支え、左手は川に浸け涼む
8月1日(晴)矢田川

香住泊。
矢田川温泉→餃子の大将→車飲み→車中泊→4時起床。

解禁から二ヶ月の矢田川、今日も暑くなりそうだ。

昨日のリベンジしたいところ、缶コーヒーを飲みながら釣り場を探し
矢田川では昔からある(有名な)ドブ釣りポイント、
弁天淵に今年初めて入川。
d0155141_212948100.jpg

堤防をおりていくと、すでに先行者あり、
おおっ!車が4台も停まってるやん「うーん?釣れてるんかなぁ」
と期待し、慌てて準備。
川に入り対岸に渡っていくと脚立に座って釣っておられる名人に挨拶
「どーですか?」「もう少しシモ(下流)の方がええよ」と名人、
下流を見ると淵からトロ場(50mくらい)にかけて6名のドブ師(皆さんベテランの方ばかり)。
d0155141_21314553.jpg

跳ねもあるし、鮎も間違いなくいる!おおっ跳ねてる!
これはと思い毛鉤を落とすも反応なし・・
毛鉤を交換して3回流したところでようやく‘コンコン’とアタリ!
「おお鮎の引き」ゆっくり引き寄せ、15cmゲット。
連チャンでもう一匹。
が、それから後が続かない・・・。

自分にアタリがないと周りが気になる(つり人のサガ)
キョロ・キョロするも皆さんあまり釣れていない様子(自分だけじゃないかーちょっと安心)。
d0155141_21331546.jpg

皆さん常連さんらしく(但馬弁で)談笑しながら釣っておられる。
但馬弁は良いです!なんかホッコリします。


ドブ釣り用語でも矢田川ではこんな感じです↓

『ようアタマ上げるのに、さわりもせんなぁ・・エサがおーとらんのかなぁ?』

「アタマを上げる・顔を出す」→「鮎の跳ね」
「さわる」→「鮎のアタリ」
「エサ」→「毛鉤」



結局、皆さん8時頃には上がられ、ワタシもそれから30分ねばり
色々な鉤を試しましたが「さわらず」納竿。

いつも思うのですが、矢田川(香美町)で出会うひとは(播州人と違い)
本当に温厚で皆さん親切な方ばかりで(見習わなければ)、
いつも楽しく気持ちいい釣りができます!
感謝致します!!

4時半から8時半まで 13~16cm 「こまつ元銀」7匹。
[PR]

by yuhi43 | 2010-08-03 21:42 | 釣記


<< 真夏の毛鉤釣り      気配なし >>