2010年 06月 27日
6/26 雨の矢田川
友人から「一度ドブ釣りに連れて行ってよ」とリクエストを受け、
「よっしゃ行こう!」と矢田川へ。

3時半出発、あいにくの雨、天気予報では兵庫北部は曇り予報
5時半に香住に到着。

やはり香住も雨ふりで、川を見ると濁りはあるものの増水まではいっておらず
これならできそう、でも雨の影響か、釣り人はゼロ。

友人は、友釣りをするのでウェーダー・竿はOK あとは毛鉤があれば
ドブ釣りができます。
彼のおじいちゃんが(数十年前)播州毛鉤の巻師で、おじいちゃんが巻いたハリと
矢田川で実績のある毛鉤を数種類渡し、簡単なドブ釣りのレクチャーをし釣りスタート

先週、釣れたポイントに入り先週当たったハリ「ヒグマ」をつけて探っていくのですが
当たりがない・・毛鉤を2~3種類交換して「村木」できました。
でも後が続かない・・・う~ん、今日はきびしそうだ。

2~3匹釣ったところで、10mくらい下流で釣っている友人を見ると、おおっ!
釣れている!鮎が毛鉤に喰いつき、少しためて竿をたたんでいきます。
長い鮎竿に慣れているのか、ドブ釣り初挑戦には見えない!「うまい」
バレることもなく手元まで鮎を引き寄せ玉網ですくいあげ
ドブ釣り初の1匹目。
d0155141_1773733.jpg
↑おじいちゃんの毛鉤で釣る友人(左)、右の方はベテランドブ師よく釣っておられました。


終始雨が降り水温が下がったのか今日はきびし一日。
休憩もいれてお昼12時まで頑張ってワタシが29匹、友人も30匹ちかくは釣っていました。
(負けたかも・・苦笑)

ドブ釣り面白さが伝わったかどうかですが、「また行きたい」との事。
今日は、いい釣りはできませんでしたが、よかったです。

「彼岸花2」「渕虫」「雷鳥」など
友人は、おじいちゃん作「赤ライオン」が一番当たったそうです。
[PR]

by yuhi43 | 2010-06-27 17:37 | 釣記 | Comments(2)
Commented by さくら坂 at 2010-06-27 22:35 x
こんにちは。

友釣りの方は鮎のいる所をよく知っておられます。
真夏に鮎が釣れなくなる時期は、友釣りの方に
鮎がどこにいるか聞きます。

川によって、泳いでいる場所をかえている場合もあるそうです。


ドブ釣りがドブで釣る前は、瀬で流し釣りだったと
書いてある本もあります。

解禁から、瀬の真ん中の大きな石の後で大鮎だけ狙っている方もいます。
それが、また釣れるのですから面白い。


友人のじいちゃんが、ドブ釣りの面白さを知らせる為に
釣らせてくれていたのかもしれません。

また、友達と釣りに行った記事お願いします。

さくら坂
Commented by yuhi43 at 2010-06-28 19:55
さくら坂様

そうなんですよね。
たまに、毛鉤を瀬に入れると元気なのが喰ってくることがありますものね。

まだまだ、人に教えられるところまではいっておりませんが、関西でも鮎の毛鉤釣りをされる人がひとりでも増えればいいなと考えております。


<< 2週連続の土曜の雨      6月20日( 曇り時々晴れ) 矢田川 >>