2018年 06月 14日
0608矢田川
今朝の地震は兵庫でも結構揺れました。
記事は、一週間前のです。


0608
午後から矢田川へ出かけました。
15時頃に到着、村岡あたりで降ったのか川は濁りとダムの放流で水量があり、
5号以上のオモリを持って来なかった事を後悔する。
d0155141_14595883.jpg
橋の下で、3人の小学生に友釣りを教えてる方にご挨拶。いい光景です。
ここで掛かればアユ釣りにハマること間違いないのだが(この濁りでは)そうは上手くはいかない模様…
この子達に毛鉤釣りの指南もしておけばよかった。
鮎師(友釣りもドブ釣り)も高齢化していってる中こうゆう事も大事ですね。
d0155141_15011043.jpg
夕方になり地元の鮎師が並ぶ。
Tさんも来られ状況を聞いてみると、あまり良くはないよう、ここからもう少し下流の3号
のオモリで釣れるポイントに入り、岸から3mくらいのところで1尾釣れ18時半までで何とか、
つ抜けの11尾。
d0155141_15131094.jpg
型は前回よりも小さく12〜13cm中心
毛鉤は、やはり「赤駒」次に興浅(アレンジしたハリ)

アユは小さくとも「アユの引き」「ドブ釣り独特の間合い」に満足し帰路につきました。

[PR]

# by yuhi43 | 2018-06-14 14:40 | 釣記 | Comments(0)
2018年 06月 04日
約二年ぶりの鮎釣り
0602

兵庫・矢田川へ行ってきました。

1日に解禁になり、情報としては昨年より遡上は良いが、例年に比べると悪いそうだ。
解禁日に釣れた人で50尾、場所によっては
つぬけ(10尾行かない)できない人もあったよう。

現地で4時半に起きて上流から下流にかけてポイントを見て回りましたが、
どのポイントもハネなし上流は釣り人もいない。

途中、年券を買おうとオトリ屋さんに寄るも営業されておらず、
どうしたものかと思ってたら、たまたま漁協のステッカーを貼ったクルマが
通りかかり、止まってもらって無事年券を購入。
(朝から行かれる方は事前に入川券を買っておかないと買える店ありません…)

本当は弁天渕に入ろうかと思ったのですが、大乗寺橋の下で名人hさんを見かけたので、
挨拶がてら、ご一緒させて頂きました。
d0155141_20472249.jpg
矢田川では初期の一級ポイントですが、浅くなってしまってます。
水深50〜60cmくらいでしょうか?オモリを沈めて底を少しきった辺りで、喰ってきました。


いいですね〜 二年ぶり〜 思い出した〜 アユの引き〜 堪りません!


鮎釣りができる幸せ。
感謝。
自然に感謝です。


hさんと話しながら釣ってると、師匠のyさんとも出会い楽しい解禁になりました。
d0155141_20481002.jpg
毛鉤は5〜6種類試しましたが、5年前からの当たりバリ、
ネットでも販売している「赤駒がダントツで良かったです。
d0155141_20501694.jpg
10時半まででビクに入れたのが26尾。
リリースを入れたら30以上は釣れたでしょうか
d0155141_20374633.jpg
持ち帰ったのは17cmくらいのを6尾。
美味しく塩焼きでいただきました。

大満足の解禁でした!有難うございました。


鮎毛鉤ネットで販売しております。よかったら覗いてみて下さい。
毛鉤工房 游飛 ←クリックして下さい。






[PR]

# by yuhi43 | 2018-06-04 08:45 | 釣記 | Comments(0)
2018年 04月 18日
毛鉤工房 游飛
前々から計画していました
鮎毛鉤のネット販売を開始しました。

よろしくお願い致します。

   ↑
クリック(タップ)して下さい




[PR]

# by yuhi43 | 2018-04-18 20:44 | Comments(0)
2018年 04月 08日
ブログ再開
ご無沙汰しております。
約2年ぶりの投稿です。

諸事情が、ございましてブログも休止、昨年は一度も竿を出せずでしたが

今年は、ぼちぼちと当ブログでドブ釣りの情報なんかを
発信していければと思っております。

あと、毛鉤も少しずつ巻いてますので
ネット販売も計画中です。


拙いブログではございますが
よろしくお願いします。

d0155141_11025759.jpg




[PR]

# by yuhi43 | 2018-04-08 10:22 | Comments(0)
2016年 06月 09日
2016 矢田川
0605 



公私ともバタバタして、久々のブログ投稿です。



今年もホームの兵庫・矢田川で鮎釣りスタート 

この日の天気は午前中は雨予報、昨夜から降った雨で水温も低く、きびしそうです


椿渕に入ろうかと迷ったが、解禁明けなら大乗寺橋かなと堤防を下り見ると
ドブ師が数名、竿を出されている。ここかなぁと準備し川に


川に立ち、天秤にオモリ、毛鉤をセットしながら、上げ下げされているドブ師を見るも
釣れてない・・・


ここ3年間釣れている自作の毛鉤をセットし、ゆっくりと水面につけて、水深や川底を
みながら誘いをかけてる

通年解禁明けなら、一流し目で毛鉤に喰いついてくるのだが、今年もそうはいかない。
何度か探りアユの反応がみられる所で、水面近くで溜めていると微妙なアタリが出
かわいいアユちゃんが毛鉤に喰いつき、タモへ

いいですね!小さいながらもハリ掛りし、テンションをかけてやると独特のアユの引き
回ってくれました。


ハネも出だし30~60分は毛鉤に反応してくれたが、ハネがなくなるとアタリも遠のき
8尾で終了しました。
毛鉤は5~6種類、試しましたがアユは毛鉤を選んでいたようにおもえました。
自作鉤以外では「スルスミ」でしょうか。


数ヶ所ポイントを見て回りましたが釣り人もなくダメなようでした。



聞くと、朝より夕方のほうが良いみたいで、昨年よりは溯上があったみたいなので
一雨降り、水温が上がれば期待がもてる・・・かもです。

d0155141_20585680.jpg
[PR]

# by yuhi43 | 2016-06-09 21:06 | 釣記 | Comments(0)